任意整理 和解に関するポイント記事一覧

任意整理における減額報酬のかかる範囲とは??任意整理とは、裁判所を通さず、債権者と債務者が直接話し合いで和解する手続きのことです。債務者本人が行うことも可能ですが、たいていは弁護士か司法書士に依頼することになるでしょう。そのため、借金が減額され、将来利息がカットされるなど、さまざまなメリットがある任意整理ですが、注意しなくてはならない点もあります。費用の一部に減額報酬がかかる可能性も弁護士や司法書...

不況が深刻化する中、経済状況の悪化から、任意整理をする人も増えています。毎月の返済金額が大幅に軽減できる任意整理、その費用の支払い方法についてご紹介します。任意整理の費用支払いは分割でただでさえ経済的に苦しい状況にある中で、弁護士や司法書士に払う費用はまとめて用立てられない場合がほとんどです。しかしながら、最近ではほとんどのケースで分割払いができる様になって来ています。法律で定められた生活再生の為...

任意整理は、債務者の借金の返済をしやすくするために行われる手続きです。例えば、小器官消費者金融から借金をして、返済をすることを繰り返していれば、過払い金が発生している場合、その分を借金と相殺することができれば、債務は圧縮されます。また、場合によっては、借金がゼロになるばかりか、まとまったお金が戻ってくる場合もあります。そのため、この手続きをすることで、債務者を借金の呪縛から解放することができるので...

任意整理にかかる手数料はどのくらいでしょうか??返しても返しても減らない借金に生活が脅かされてしまうとき、頼りになるのが弁護士や司法書士です。いくつもの消費者金融から借入をしている多重債務者の方はとくにこうした専門家に相談することが大切です。そのまま返し続けても借り入れの元本は減っていなかったり、実は過払い金が発生していたりすることもあるため、一度専門家に客観的に見てもらう必要があるのです。気にな...

債務整理や任意整理の手続きの際に、委任状があれば代理人を立てて手続きを進める事は出来るのでしょうか?ここでは、委任状の効力と合わせて、任意整理における委任状の役割について、考えてみたいと思います。委任状とは一定の事項を委任する旨を記載した文書で、代理権をある人に対して与えたという事の証拠となる文書を委任状と呼びます。委任状の書き方に決まりは無いですが、最低限「いつ」、「誰が」、「どのような内容につ...

任意整理による口座凍結と解除、注意点について任意整理手続きは、借金の悩みを解決するためには有効な手段のひとつです。しかし、注意しなくてはいけないこともいくつかあります。その一つが口座凍結です。口座がある銀行の系列のカードローンやクレジットカードに債務がある場合、口座が凍結されお金の引き落としができなくなってしまいまう。その銀行系列の債務が任意整理手続きの対象になっていない場合は、口座が凍結されるこ...

任意整理での和解交渉の成功率はどれぐらい?任意整理の和解交渉成功率は債権者で決まる任意整理は司法機関を間に挟まない、あくまでも私的な話し合いで決まる債務整理であり、債権者は必ず和解しなければいけないという決まりはありません。そのため、債権者が和解案を拒否すれば決裂ということになり、任意整理はできないことになります。では、成功率はどれぐらいなのでしょうか。これは、トータルでいえばかなり高いといえます...

弁護士に任意整理を依頼する場合の成功報酬について任意整理は、法律上の手続きによらずに、債務者の借金を圧縮する手続きです。主に、過払い金が発生している場合に、その返還を求めて行われる手続きですが、必ずしもそれだけに限りません。これ以上返済ができないという事態に陥った場合、借金の棒引きや、利息の低減を求めて交渉するときもあります。いずれにせよ、これらの手続きは法律上に定められた手続きを行うわけではない...

借金などの返済が滞ってしまった場合には、任意整理を使うという方法があります。任意整理とは債務整理の中の一つで、借金などが返済できなくなった場合、裁判所を利用することなく弁護士や司法書士を通じて貸金業者と交渉して、無理なく支払いができるようにすることを言います。たとえば、和解後に利息をつけないようにして支払いを楽にすることができます。任意整理をする場合のメリットは裁判所への書類作成をする必要がないこ...

任意整理の返済中に融資を受けることは可能か??任意整理とは、利息や遅延損害金を免除してもらって、長期の分割弁済をすることです。さて、この返済中に融資を受けることは可能なのでしょうか。原則的には、任意整理の返済中に新規の融資を受けることは認められていません。任意整理の契約がなされると、個人信用情報に事故情報が5年間登録されてしまうため、大手の消費者金融ではまず審査で落とされてしまいます。また、ただで...

任意整理をすると保証人に迷惑がかかる事があるのか??任意整理を行うと債務を圧縮できるということはよく知られていますが、その中で時折疑問として出されてくるのが「任意整理を行うと保証人に迷惑がかかるのでは」ということです。確かに保証人は債務者の返済が滞ったなどの事情があった場合には代わりに弁済をしなくてはならない義務があるのでそうした疑問を持つのは当然なのですが、「任意整理=保証人に迷惑がかかる」とい...

任意整理をすると暮らしに影響は出るのでしょうか??任意整理をした場合に、その後の暮らしへの影響があるかどうかですが、基本的に自己破産や個人再生といった、法律にもとづく手続きではなく、あくまでも当事者間の任意の和解というかたちになりますので、影響というほどのものは、ほとんどないことが多いといえます。任意整理の場合には、借金を返済しなければならない義務そのものはなくなりませんが、従来よりも返済の金額が...

任意整理手続きで作られる和解書の内容とは??任意整理手続きにおいて、債権者との交渉で合意が得られたら「和解契約書」をかわすことになります。和解契約自体は、口頭での約束だけでも可能です。しかしあとで争いになる危険性が高いので、このような和解書を作成しておくのがふつうです。任意整理手続きは裁判所が関わる案件ではないため、その和解書に決まった形式があるわけではありません。しかし、絶対に記載しておかなけれ...

任意整理をすると和解後は利息カットが出来るのが魅力です。さまざまな事情から、債務整理を検討することはあります。そのときに、色々な選択肢から任意整理を選択する人は一番多くなります。自己破産とは違い、自分の資産の一部を残すことができるからです。ほとんどの場合は、今現在住んでいる持ち家を残すために任意整理をすることが一番の理由です。任意整理は、自分で整理をしたい債務を選ぶことができ、その債務先と和解交渉...

任意整理での和解交渉について最近、任意整理という言葉をよく聞きますが、任意整理とは消費者金融やカードローン会社からお金を借りて返済できなくなった場合に採る手段の一つになります。任意整理は債務整理の中の一つになりますが、この債務整理には、他に自己破産や自己再生という法的手段があります。この3つのなかで一番まともな方法と考えてよいでしょう。何より裁判所にお世話にならなくていいことや、債権者には借りた分...

ヤミ金からの借金は任意整理で対処するべき?ヤミ金から借金をしてしまった人の多くは返済ができなくなり、苛烈な取り立ての被害に遭うことになってしまいます。尤も現在では規制がかなり強化されているためかつてのような暴力的な取り立てが行われる事例は減りましたが、それでも被害者がゼロになったわけではありません。こうした問題に直面した際、ヤミ金といえども借金であるということで任意整理をして何とか抜け出そうとする...

任意整理の返済額 増額での返済は出来る?任意整理で和解が成立すると、それまでのように毎月指定の銀行から料金が引き落としされる、ということはなくなり、自分でクレジットカード会社などが指定した銀行へ毎月返済金を振り込まなければならなくなります。いつもの月よりも余裕があり、返済額を増額できる場合には増額しての返済を行ってもいいのでしょうか。任意整理の場合、毎月返済する約定返済額というものが話し合いによっ...

銀行系カードローンに多いのですが、無担保ローンといっても、バックに保証会社を入れているケースがあります。保証会社の多くは、消費者金融などになるのですが、銀行系カードローンは、一定以上の条件になると、代位弁済を行い、債権回収を行ってしまいます。その際、保証会社には「求償権」が発生し、債務者に借金の取り立てを行う事が出来るようになるのですが、ここでは代位弁済があった時に気をつけたい点についてまとめてみ...

代表取締役が行う任意整理について中小企業であれば、代表取締役が、事実上の会社の所有者と言って良いでしょう。そして、営業に必要な資金を銀行に借りる時、会社が借りる場合であっても、代表取締役が保証人となる場合が多いです。しかし、その債務の額は大きいので、たとえ保証したところで、払えなくなることはあり得ます。このような事態に陥った場合、採りうる手段としては、会社更生や民事再生、破産などが考えられます。た...

任意整理の手続きが出来る代理人にはどんな方がいるの??任意整理は、当事者同士の話し合いによって借金を整理する方法です。将来の利息をカットし、返済方法を見直すことを債権者と直接交渉します。利息制限法の上限金利を超えた取引なら、借金の総額は減少します。和解できれば、任意整理後の借金を3年程度で返済します。また、複数の債務がある場合に、返済窓口を1つにまとめることもできます。任意整理は裁判所を通さない手...

任意整理が出来ない場合には、どんなケースがあるの??任意整理は、当事者同士で債務整理をする方法で、通常は弁護士や司法書士を代理人として和解交渉を進めます。各債務の取引開始時にさかのぼって、利息制限法の上限金利に金利を引き下げて再計算して借金を減額し、「原則として金利をカットして元本を3年程度で返済する」という内容で、貸金業者と和解します。以後は、これに従って返済を続けます。任意整理は、借金を支払う...

任意整理は、裁判所を通さずに行う債務整理で、債権者と直接交渉を行い借金を減額するという内容です。まず、利息制限法の金利により引き直し計算を行い、返済額を決定します。利息制限法の上限を超えた金利で長期間利用していた場合は、この時点で完済している可能性もありますが、これは、貸金業者を規制する貸金業法が改正されたことが関係しています。なお、引き直し計算により元本をゼロに出来なかった場合は、その金額が返済...

任意整理をするにあたってクリアすべき条件とは??任意整理をするためには必ずクリアしないといけない条件があります。それは、毎月、定収入を得るということです。というのは、任意整理は毎月一回の返済を続けて、分割で完済をするというシステムになっているので、毎月の返済が可能という証明ができないと、債権者は和解に応じてくれませんし、また、弁護士も依頼を受けてくれません。そのため、もし、仕事をせずに借金を重ねて...

任意整理に関する時効について複数の金融業者から借入を行ってしまい返済が難しい場合の解決法の1つに債務整理があります。債務整理には、大きく4つの方法がありますが、その中の1つに任意整理があり、ここでは、借金に関して当事者間で話し合いがもたれ、返済などに関しての解決が図られることになります。特徴としては、取り交わされる和解書には法的拘束力がなく、万が一返済が滞ってしまった場合には、返済に関しての不履行...

任意整理のメリットは債務を元金のみで出来る事は何でしょうか?任意整理で和解できれば、債務は元金のみになるの??任意整理で債権者と和解できた場合、元金のみの返済となるのが一般的です。では、元金というのはなんなのでしょうか??たとえば、債権者が消費者金融の場合、債務は次の3つで構成されます。まず、消費者金融から借り入れたお金、そして、そのお金にかかった利息、最後にお金を返済しなかった場合にかかる遅延損...

銀行口座開設すれば、任意整理にかかるお金を減らせる??任意整理先の口座に合わせて、銀行口座開設するメリットがある事をご存知でしょうか??ここでは口座開設に関わる事について、まとめていきたいと思います。任意整理の処理が進むと・・・任意整理の交渉がうまくいったら、しばらくして返済を始めることになります。弁護士に依頼してから、だいたい2ヶ月程度見ておくといいでしょう。その後に、債権者ごとの返済計画が書か...

有限会社が任意整理をする場合、何か気をつける事はあるの??任意整理とは、裁判所を通さずに、話し合いで借金の扱いをどうするか取り決めることです。個人が借りたお金を返せなくなった時に使われることが多い手段ですが、有限会社であっても任意整理手続きをすることができます。会社の借金がかさんで身動きが取れなくなった場合、取れる手段はいくつかあります。裁判所を使った公的なものなら、自己破産や民事再生法、会社更生...

任意整理の依頼は有名弁護士にするべきか?それとも地域密着の弁護士??有名弁護士でなくても、任意整理の交渉は十分行えるのですが、実際に弁護士による違いで、結果に差異がつくものなのでしょうか??ここでは、債務整理に関する弁護士選びのポイントを紹介していきたいと思います。任意整理を弁護士に頼む場合、任意整理を多数請け負って実績のある弁護士を選ぶべきですが、必ずしもテレビに出ているような有名弁護士を選ぶ必...

債務整理の中でも裁判所を通さない方法として任意整理があります。任意整理は債務返済の方法としては最もハードルが低い方法となり、ここでは、これまでの取引履歴データがあることや、借入先、借入金額などの内容によっては自分でも行うことができます。また、自分で行う場合においてはほとんど費用も発生することなく解決を図ることができることもメリットとなり、取決められた内容に関しては、もし、心配であれば公正証書とする...

免責手続きは必要がない任意整理の内容とは??任意整理は、債権者と直接交渉を行い、借金を減額するという内容の債務整理の一種です。自己破産などの公的整理とは異なり、裁判所を通さずに行うということが特徴です。このために、免責手続きなどは不要です。自由度が高いということが魅力であり、債務整理の中では最も多くの人が選択しています。なお、自己破産の様に免責決定されることで借金を完全にゼロにはできませんが、状況...

任意整理をnpo法人に相談することも可能ですが、それは正しい選択なのでしょうか??借金がかさんで返済しきれなくなった時は、まだ早いうちなら任意整理で済み、相手先の金融機関と早期に和解して示談に応じてもらうことも可能になります。たいていは、3年くらいの期間で計画的に返済していくことになります。借金全額を圧縮することはできませんが、将来の利息をカットしてもらえたり、返済期間や回数を延長してもらえる可能...

任意整理による喪中と喪明けについて喪明けとは、近親者が亡くなった時に、喪に服している期間が終了したことをいいます。しかし、金融業界では違った意味で使われています。任意整理、自己破産などの手続きをした場合には、個人信用情報機関に事故データが書き込まれてしまいます。これは5年間続き、その間は新たに融資を受けることも、クレジットカードを作成することもできなくなってしまいます。この5年間を、金融業界では「...

持ち家の債務者は、任意整理がおすすめです。複数の業者から借金をしてしまい、返済に苦しんでいる方がたくさんいます。理由は人それぞれですが、最初は一か所だったのに、その返済に困って他のところから借りて返済するという自転車操業によって多重債務に陥っている方がほとんどです。借入先が多くなるともうどこも貸してくれなくなるので、完全に手詰まりになってしまいます。こうなると、もう債務整理に頼るしかなくなりますね...

家賃は任意整理できるのでしょうか??複数の業者から借金してしまい、普通に生活することもままならないほど返済に苦しんでいる方はたくさんいますね。借金の返済ができないような状態だと、家賃も滞納しているという場合が少なくありません。こういう方たちのための救済手続きとして任意整理というものがありますが、これは借金の一部を免除してもらい、残債を返済していくという契約を結びなおすものです。自分で行うことは困難...

借金を踏み倒し逃げるのではなく任意整理で、合法的な解決をしよう!誰もが逃げだしたくなる借金問題、様々な理由から、収支のバランスが取れなくなり、借金返済に追われるようになることは珍しいことではありません。近年は不景気のあおりを受けて、生活費が足りなくなったために、少額お金を借りたのが引き金となり、気がつけば自力では立て直せないほどの借金地獄に陥ってしまったという方もいらっしゃるようです。最近では、テ...

任意整理は複数の借金が在っても選択可能な手続き方法です。債務整理の一つの方法に任意整理が在ります。任意整理は自己破産のように裁判を利用して手続きを行う必要が無い事、マイホームを所有している場合には手放す必要が在りません。また、財産を全て残す事が出来るなど色々なメリットが任意整理には在りますが、任意整理には複数の借金に対する債務整理が可能になると同時に、複数の借金を選べると言った特徴も在ります。お金...

任意整理は年金にまで及ぶのでしょうか??まず任意整理とは、裁判所などを通さずに、債権者と債務者の間で債務の減額などを交渉するといったものを指します。特に消費者金融機関などを相手に行う場合には、大幅な金利の減額なども期待出来る為、将来的な返済総額にも大きく影響してくるものと言えます。そして最近では、年金を受給している高齢の方が、この任意整理を行うといった例が報告されています。これには老後破産という問...

任意整理は家族に内緒でも可能ですが、他の債務整理は要注意債務は、月々の返済額を計画的に決めてから借りる必要がありますが、思わぬトラブルでどうしても返済が困難になってしまう場合があります。しかし家族に内緒で債務がある場合には身内にも相談がしにくいものです。そのような場合には、債務整理をする必要がありますが、その方法としては個人再生、特定調停、自己破産などがありますが、任意整理で債務を調整できる場合も...

任意整理がうまくいくかは、月々の返済額で決まります。任意整理で、月々の返済額の決め方はどうやって決まるのでしょうか??任意整理の交渉がうまくいった場合、その後、きちんと和解書通りに返済できるかどうかは月々の返済額の設定にかかっているといっていいでしょう。月々の返済額をいくらにするのかは、基本的に債務者と実際に債権者と交渉する弁護士、司法書士で決めることができます。債権者の方から一方的に、毎月いくら...

任意整理の際に遅延損害金は付く事はあるの??カードローンやキャッシングの返済が遅れてしまった場合には遅延損害金が請求されることになります。遅延損害金の場合は通常の融資で定められている利率よりも高額な利率での計算が可能とされていますので、返済が遅れた状態で放置してしまうとどんどん返済額が膨らんでしまうことには注意が必要です。もしそういった状況になっているのであれば、早めに任意整理を考えた方が良いでし...

任意整理と同じ交渉で債務ゼロを謳う詐欺にはご用心!!債権者との交渉で可能なのは任意整理で、債務をゼロにさせることはできません。多重債務に陥っているときは、正常な判断ができない場合があります。たとえば、それほど親しくない人が持ちかけてきた儲け話に乗ってしまい、手持ちのお金を増やして借金を返そうと出資したら全部失ってしまった、あるいはギャンブルで作った借金を返すために、更にお金を借りてギャンブルをした...

任意整理における再和解について、何度も出来ると思ってはいけません。債務整理の中でも簡単に行うことができる方法に任意整理があります。任意整理は、取引履歴などのデータがある場合や、借入を行っている状況などにおいては、自分でも行うことができます。しかし、その多くは弁護士や司法書士に依頼をすることで行われており、ここでは委託を受けた弁護士等が、相手側に受任通知を送付することで、依頼主の代理として交渉にあた...

任意整理はいくらから利用できるのでしょうか??金額の大小にかかわらず、それぞれの事情により借入を行うことはよくありますが、金融業者やローン、またクレジットといった借金が増えてしまった場合には、返済が難しくなることも多いですよね。例えば、まとめローンによって借金を組み直し返済を行っていく場合でも状況に関しては改善しないこともあります。そのような場合には、債務整理をすることも問題の解決法の1つとなり、...

任意整理の引っ越しへの影響について任意整理は、借金について裁判所を通さずに、司法書士に債権者との間に入ってもらい、支払いが可能になるよう条件をより良く変更してもらう手続きです。過払い利息の返還や、将来における利息のカットなど、利点の多い方法ですが、信用情報機関においてブラックリストに載ってしまい、クレジットカードが利用できなくなるなどのデメリットもあります。そういった面で気になるのが、家賃の安い部...

不動産担保ローンのある任意整理について債務問題の解決法の1つに任意整理がありますが、一般的には弁護士や司法書士などの法律の専門家に依頼をすることによって利用が行われています。任意整理は、借入先が数社の場合や金額がそれほど多くない場合、また、取引履歴などがしっかりと保管されている場合などにおいては自分でも行うことができますが、どうしても相手先となる金融業者の反応が迅速性が伴わないこともあり、多くは弁...

任意整理をした時、事故情報がどのように登録されるのかは各個人信用情報機関によって異なります。JICCでは、和解の成立からおよそ5年間記録が残ります。CICでは、任意整理をしたという情報は残らないようです。よって延滞や代位弁済などもなければ不利な記録は残りません。全国銀行個人信用情報センターには、任意整理の記録は残りませんが、代位弁済が行われた場合には代位弁済の記録がおよそ5年間残ります。結論として...