任意整理 キャッシング

任意整理は、キャッシングの借金だけでなく、ショッピングなど、他の借金でも手続きをする事が出来るのか??

 

ここでは、キャッシングとショッピングの両方を任意整理できるかについて、まとめていきたいと思います。

 

 

カードキャッシング分だけではなく、ショッピング分も任意整理の対象にできる

 

 

任意整理の対象は、消費者金融や銀行のカードローンだけではなく、クレジットカードのキャッシングでも構いません。

 

また、ショッピング分も対象にできます。その場合はクレジットカード会社と弁護士が交渉することになります。

 

消費者金融の中には、和解を渋る会社も存在しますが、クレジットカード会社の場合は、だいたいすんなりと応じてくれます。

 

 

ただ、クレジットカードのショッピング分を整理対象にした場合、カードショッピングで購入したものを返してほしいとカード会社にいわれるのではと心配する人もいるでしょう。

 

というのは、カードで購入したものの所有権は支払いが終わるまでカード会社にあるからです。

 

 

では、実際のところ、任意整理の交渉のときに、ショッピングで買ったものを返せといわれるのかというと、そういうことはまずありません。

 

任意整理に失敗し、最終的に差し押さえになった場合、カードで買ったものの中に高価なものがあれば、カード会社に差し押さえられる可能性はありますが、これは例外といえます。

 

 

カード会社からすれば、人に使われていたあまり高価ではない中古品を返されても、処分にかかる手間や費用が馬鹿にならないので、取り返すことはないのです。

 

 

任意整理にオススメな事務所ランキング

※債務整理、任意整理は事務所の特徴を把握し、実力のあるところで手続きするようにしましょう!