任意整理 弁護士費用 延滞

任意整理のメリットは、借金を減らしてもらうことで、債務者の生活を立て直すことが可能になるという点にあります。

 

具体的には、債務の額を減らしてもらうように交渉したり、利息を下げてもらったりします。

 

また、過去のグレーゾーン金利に基づく返済による過払い金が発生している場合には、一定のお金を返してもらうことも、債務整理の一環です。このような手続きをしたいと考える人は、すでに借金の返済を延滞しているなど、生活が立ちいかなくなっている場合が多いです。

 

 

しかし、弁護士に任意整理をお願いすると、弁護士費用がかかってしまうというのがネックです。

 

弁護士費用は、着手金と成功報酬、その他事務手数料から成り立っていますが、任意整理を行う場合でも、基本的にこれらの費用は必要です。

 

 

ただし、中には分割払いに応じてくれたり、成功報酬は過払い金の返還を受けてから、そのうちのお金で支払うことを認めてくれる場合もあります。

 

そういった取り組みをしている事務所はは、大抵が任意整理を積極的に扱っている弁護士です。弁護士がその様な取り組みをしている場合、広告や事務所のホームページに公表されていることが多いです。したがって、お願いする前に確認しておきましょう。

 

 

後払いや分割払いで注意したい!弁護士費用の延滞

弁護士費用を後払いしたり、分割払いすると、今時点ではとても助かりますが、任意整理は将来利息が発生しなくなる事はあっても、借金の返済は続けていく事になりますので、費用の支払いと借金返済のダブルパンチになる事は懸念しておく必要があります。

 

例えば、借金返済の分が期日遅れが続くとなると、「期限の利益を喪失」となり、結果的に一括請求をされたり、場合によっては強制執行をされてしまうという事になりかねません。

 

また、弁護士費用を延滞するとなると、「弁護士が辞任」する事もあり、辞任してしまうと、債権者から連絡がきたり、督促(取り立て)行為がエスカレートする可能性もあります。

 

 

和解後の費用と借金返済が続くのが、金額的に苦しいという場合は、無理な返済計画になっている可能性がありますが、和解がまとまればそうは言ってられませんので、きちんと任意整理の和解締結前に費用の分割も含めて、問題の無い金額にしておくようにしましょう。

任意整理にオススメな事務所ランキング

※債務整理、任意整理は事務所の特徴を把握し、実力のあるところで手続きするようにしましょう!