任意整理 弁護士費用 分割

債務整理や任意整理の費用を分割したいというニーズは、最近でも多く見られますし、弁護士や司法書士でも費用の分割払いを認めているところも増えてきています。

 

任意整理をしようとする場合には、弁護士に借金をした本人の代理人となってもらうようにするため、委任契約と呼ばれるものを締結します。

 

この契約にしたがって、弁護士は銀行、信販会社、その他貸金業者などといった相手と交渉して、できるだけ依頼人にとって有利な条件を引き出し、お互いが条件について納得できるような段階に至れば、和解書と呼ばれる文書を起案して、これに当事者どうしで署名捺印をすることをもって、一連の手続きが終了します。

 

任意整理によって、依頼人は借金のトータルでの返済金額を減額してもらったり、返済の期間を先延ばしにしてもらったりすることができますので、生活にそれだけ余裕ができるようになります。

 

そのため、任意整理を弁護士に依頼するときには、その仕事に見合った一定の費用がかかるというのは当然のことです。

 

 

弁護士費用の内訳

弁護士費用の支払い方法についてですが、まずは依頼をした段階で、「着手金」と呼ばれる費用を支払い、めでたく相手と和解ができた場合には、さらに成功報酬として、報酬金を支払うという形になっているのが一般的です。

 

これらは、一括払いとなっていますので、はじめの着手金の段階で、ある程度の蓄えがなければ弁護士に依頼する事さえできなくなってしまいます。

 

 

しかし、弁護士事務所のなかには、分割払いでの弁護士費用の支払いが可能というところもありますので、相談のなかで思い切って聞いてみるのがよいといえます。

 

また、法テラスと呼ばれる組織では、低所得者層のために、弁護士費用の立て替えと分割払いの制度をもっていますので、こうしたところに相談をするのも有効です。

 

 

分割返済のデメリットはあるの??

弁護士費用を分割返済するメリットはありそうだという事は理解出来るのですが、逆に分割返済が出来なくなるというデメリットについて考えてみたのですが、個人的に感じるのは「分割返済を忘れてしまう事が複数回行われると、代理人が辞任するケースがある」という事しか思い浮かびませんでした。

 

 

もし、分割返済を忘れて、代理人が辞任したという事になると、代理人から辞任通知が発送され、債権者が辞任を知る事で返済が遅れた時などは、督促(取り立て)してくる事も考えられますので、気をつけましょう。

 

 

任意整理にオススメな事務所ランキング

※債務整理、任意整理は事務所の特徴を把握し、実力のあるところで手続きするようにしましょう!