任意整理 弁護士 流れ

任意整理は、個人でもできますが、専門家に依頼した方がスムーズに手続きが進むため、通常は弁護士などに依頼します。

 

任意整理の手続きの流れは、次のようになります。

 

まず、弁護士事務所に問い合わせて、相談の予約をします。

 

予約の際に、状況を聞かれることがありますので、答えられるように準備しておきましょう。

 

相談は無料の場合が多く、何度相談しても無料の事務所もありますので、あらかじめ確認しておくとよいでしょう。

 

 

相談の際には、指定された資料を持参します。

 

それをもとに、質問に答え、アドバイスしてもらいますし、任意整理についても詳しい説明がありますので、不明な点は質問してください。

 

 

内容に納得できたら、手続きの依頼をし、契約を結びます。

 

当日中に、各貸金業者に受任通知が発送され、それ以降の返済や取り立てがストップし、事務所から各貸金業者に、取引履歴の開示を求める事になります。

 

弁護士事務所では、取引履歴を元に上限金利による「引き直し計算」をし、過払い金が発生していれば返還請求をします。

 

返済期間、毎月の返済額などの和解案を作成して、依頼人が了承すれば、各貸金業者と交渉していく事になりますが、和解交渉がまとまれば、和解合意書を作成し、依頼人は、それに基づいて支払いを開始していく事となります。

 

 

任意整理の目安や時間

任意整理が、受任契約にはじまり、和解契約をするまでに、大体の目安として2、3ヶ月程度はかかると思って頂ければと思いますし、その後に分割返済をするとなれば、初回返済日より3年〜5年を費やす事になるかと思います。

 

合計すれば、5年以上は任意整理をするだけでも時間を要する可能性もありますので、とても長い時間のように思えます。

 

それでも、コツコツと問題は解決に向けて動き始めていますし、是非とも早期借金問題の解決に向けて、前向きに相談を頂ければと思います。

任意整理にオススメな事務所ランキング

※債務整理、任意整理は事務所の特徴を把握し、実力のあるところで手続きするようにしましょう!