生活保護 任意整理 返済

任意整理の手続きをするにあたり、任意整理の前に生活保護の受給をしているのか、それとも逆に任意整理の手続き後に生活保護の受給を開始したかによって、手続きに影響が出るのか??

 

という点は、生活が苦しい中で、借金問題と経済的な問題の両面を改善していくのに、とても重要な点です。

 

ここでは、任意整理や他の債務整理の手続きは、生活保護を受けていても手続きが出来るのか??という点から考察していきたいと思います。

 

 

任意整理の手続きの際、生活保護を受給している場合、影響があるのでしょうか??

そもそも、生活保護の給付金ですが、借金返済の目的で受給する事は出来ないもので、生活費に使われるのが原則という事になりますが、これ原則は特に法律上で定められたものでは無いのです。

 

つまり、厳密に言えば、生活保護の給付金を借金返済に充てていても、バレなければ何も言われる事ないですし、バレてもそれを持って給付停止となる事も無いので、任意整理の手続きを取る事も、特に問題にはなりません。

 

 

しかし、理論上では任意整理の手続きが可能なのですが、だからと言って任意整理の手続きを取る事は、妥当なのか??という話は、また別の論理になります。

 

任意整理の原則を考えて見ると、

 

任意整理の手続きを取る=返済能力が認められる。

 

場合に限られますし、債権者も返済能力があると判断し、和解をするわけですから、そもそも生活保護を給付されている時点で、返済能力があると認めるのは、ちょっと難しいですよね??

 

そう考えると、任意整理の手続きを取る事自体が、相応しくないと判断する弁護士や司法書士も多いはずですので、他の方法として「自己破産」を薦めてくる可能性が高いと思われます。

 

 

また、生活保護を受給している時点で、貸金業者としては「返済能力なし」と判断し、返済を猶予したり、受給解禁となるまでは督促(取り立て)する事も無い事があります。

 

よって、まずは生活保護の給付金で生活を立て直し、それから借金の事を考えれば良いのでは??というのが、個人的な意見となります。


法テラス 任意整理 生活保護

続いて、法テラスでの任意整理や債務整理の相談をした場合、生活保護受給者だとどうなるのか??という点については、任意整理 法テラス 報酬でも詳しくまとめていますが、その内容をこちらで引用させて頂きます。

 

ところで、法テラスへの任意整理をはじめとする債務整理の手続きに関する相談の件ですが、生活保護を受けている方の借金の場合は、法テラスとしては違った見解が出てくるのでしょうか??

 

 

生活保護に関するQ&Aをまとめましたので、参考にして頂ければと思います。

 

法律相談時に書面作成の代行をする際に作成費用がかかりますか??

文章1通につき、通常は2,160円を負担しますが、生活保護を受給されている方の相談の場合は、費用を負担しない場合があります。

 

立替金について、どこまでの範囲が立て替え可能でしょうか??

法テラスでは、着手金をはじめ任意整理、自己破産、民事再生、特定調停に関わる実費を、弁護士や司法書士に依頼した場合の金額を対象とします。

 

ただし、自己破産の予納金は対象外となりますが、生活保護受給者の場合は、この分も含めての立て替えも可能なケースがあります。

 

※ただし、民事再生事件の予納金は生活保護受給者でも立て替え対象外です。

 

立替金の返済は、いつから始まりますか?

通常は、立て替え後2ヶ月で始まりますが、生活保護受給の場合は援助が終了するまでの間は、立て替え費用の返済を猶予出来ます。

 

以上、法テラスと生活保護に関する関連情報のまとめでした、こちらの情報を参考の上で、法テラスを利用する際には、上手く活用頂ければと思います。

 

任意整理にオススメな事務所ランキング

※債務整理、任意整理は事務所の特徴を把握し、実力のあるところで手続きするようにしましょう!