任意整理 長期分割

長期分割は、メリットが大きいので、分割返済の場合はなるべく長く設定しておきましょう。

 

任意整理で多い交渉の中に、分割返済による和解があります。

 

これは、債務者と債権者との間で、債権額(和解額)を確定させて、毎月の返済額がいくらにするかを決める事で、返済期間もおのずと決まってくる事になります。

 

 

返済期間ですが、ある程度の幅があり一般的なのは3年、5年以内でというパターンが多いようですが、これは特定調停で調停委員が提案する返済期間が元になっている可能性があると思われます。

 

ですが、厳密に言えば、任意和解に決まりはありませんので、長期の分割として例えば10年だったり、20年だったりとする事は出来るのですが、さすがにそこまでいくと、債権者も許せないと思いますので・・・

 

長くても、10年以内というところが妥当なところかと思います。

 

 

長期分割が可能になると、毎月の返済額が少なくなるというメリットがあり、任意整理の場合は「期限の利益」をきちんと守っていれば、遅延損害金(遅延利息)が発生する事もありません。

 

そのため、長期分割になっても、利息負担がかかるという事もありませんので、分割返済の場合であれば、できるだけ日々の生活の事も考えて長期分割を提案するようにした方が良いと思います。

 

 

弁護士や司法書士費用にも影響が・・・

さらに長期分割を行う事でのメリットなのですが、任意整理の手続きを弁護士や司法書士の先生に受任して頂くケースでは、受任費用が必ずかかる事となります。

 

最近では、扶助精度による立て替えや後払いに対応している事務所も増えてきているので、相談こそしやすいのですが、いずれにしても費用の支払いは必要ですし、こちらの費用の支払いが出来なかったり、遅延が発生すると、相手は法律の専門家ですので、債権者よりも怖いかもしれません・・・

 

 

ちょっと脅しが過ぎましたが、これは本当の事で、弁護士や司法書士への受任費用が支払いできない方というのもJ中にはいます。

 

そうならないためにも、無理して債権者に支払いを多くするよりは、将来何があってもどこの支払いも遅れる事のないような、無理の無い和解内容で、長期分割をする事が望ましいと思います。

任意整理 長期分割 体験談

ここからは、実際に長期分割返済の和解をされた方の体験談を頂きましたので、紹介したいと思います。

 

 5年分割の返済、元金はみるみる減りました!

 

任意整理の手続きをする前は、借金は6社程度あり500万近くの借入額になっていたと思います。

 

毎月の返済を自転車操業のように繰り返していく中で、このままだと一生借金の返済が出来ないのではないか??借金返済で人生を終えるのでは無いか??という後悔と言いますか、疑問を感じるようになった時に、電車のつり革広告で債務整理の事を知りました。

 

 

さらに、私の場合は利用が長いところもありましたので、もしかすると「過払い金」が発生しているのでは無いか??という思いもあり、一度無料相談にいく事にしました。

 

そして、納得の上で弁護士の先生に受任して頂き、債務整理の手続きをしたところ、1社は過払い金があり、残りは引き直しした結果で100万円まで減額される事となり、100万円を分割で返済できるように、弁護士sの先生にお願いし、交渉して頂きました。

 

 

過払い金は、弁護士費用として手元に戻るのは少なかったですが、5年の分割返済にして頂いた事で、残りのお金を原資にして、毎月20,000円ずつ返済を進めています。

 

できれば、毎月10,000円ずつが良かったのですが、そうなると10年という事で、「債権者がしぶるところがあるので、そこは相手を尊重しましょう。」という先生のアドバイスもあったので、頑張って5年で終えるように和解して頂きました。

 

 

これからは返済を進めるだけですし、少しは気が楽になったので、今借金で悩んでいる方がいれば、任意整理を活かしてほしいと思います。

 

任意整理にオススメな事務所ランキング

※債務整理、任意整理は事務所の特徴を把握し、実力のあるところで手続きするようにしましょう!