任意整理 バレる

任意整理でも債務整理でも、借金をしている事自体を内緒にしている場合ですが、誰にも知られずに問題解決したい・・・

 

と思うものですが、実際のところは誰にもバレずに相談する事、手続きを進める事、問題解決が出来るのか??という点をそれぞれの視点に分けて紹介していきたいと思います。

 

 

任意整理を誰にもバレずに相談する事は出来ますか?

弁護士や司法書士には、「守秘義務」があり、最初の無料相談を含めて、誰にも相談している事を開示する事はありません。

 

また、受任に至る場合でも、出来るだけの配慮をし、債務整理の手続きが円滑に進むように、配慮をしてくれるので、安心して相談して下さいね。

 

任意整理の手続きを進めるのに誰にもバレないですか??

任意整理は債務者と債権者の間で和解するものですので、極力誰にも知られずに手続きや交渉を進める事ができるのですが、自己破産や民事再生の手続きとなると、財産の処分などがあった場合、家族にも影響が及ぶ場合があります。

 

また、任意整理の手続きが不調に終わった場合ですが、給料の差押など強制執行を受ける事もありますので、そうなると家計にも影響が出ますし、会社にも知られる事となります。

 

そうならないためにも、任意整理の手続きが円滑に進むように、債権者との交渉に長けた専門家に相談しておくと、安心感が変わってくると思います。

 

任意整理の手続きは、誰にも知られず問題解決できるの??

先ほどの回答と同じになりますが、できるだけ誰にも知られずに手続きや交渉を進める事は可能です。

 

しかし、将来の事を考えた場合、家族には借金があった事を自己開示したり、借金返済の協力をお願いする事、今後借金を繰り返さないための力になってもらう事は、とても大切な事だと個人的には思っています。

 

できれは、相談できるのであれば、身内だけには打ち明けておくのが望ましいと思います。


任意整理 会社 ばれる

上記の通り、任意整理を内緒で相談、手続きを進める、交渉し和解に至る事は、そんなに難しい事では無いですし、身内にはやろうと思えば、弁護士や司法書士にお願いして、配慮してもらう事は可能でしょう。

 

では、会社に対してはどうなのか??という点ですが、結論としては、「会社に連絡がいく事は、ほぼ無い」と思っても良いかと思います。

 

 

先程も少し触れたのですが、強制執行で給料の差し押さえをするというケースでは、給与を支払う債務者の勤務先(第三債務者)へ債権者が直接取り立てする事が出来ます。

 

そのため、このような事があった場合については、任意整理の手続きをした事ではなく、「任意整理ができずに会社への給料差し押さえがあった」という事実として認識される事となります。

 

 

面倒を嫌う事業者の中には、借金を嫌う方、取り立てを嫌う方もいますので、供託をしたり、時には解雇をしたりで、手続きを逃れようするする時もありますので、かなりの不都合が生じてしまう事もあります。

 

 

強制執行を避けるためにも、できれば任意整理もしくは他の債務整理の手段で、借金問題の目処を付けておく事も大切な事ですし、そのためにも、信頼のおける弁護士や司法書士などに受任するのが、一番ベストな手段かと思います。

 

当サイトでは、トップページで任意整理の手続きに強い弁護士や司法書士を紹介していますので、参考にして頂ければと思います。

 

 

任意整理にオススメな事務所ランキング

※債務整理、任意整理は事務所の特徴を把握し、実力のあるところで手続きするようにしましょう!