任意整理 一括返済 減額

任意整理は、債権者と債務者(もしくは債務者の代理人)の話し合いを通して、和解をする事で、借金の減額だったり、将来利息を発生させない事で、支払いやすくするのが目的なのですが、和解内容には一括返済でも分割返済でも、どちらでも良い事になっています。

 

そのため、債権者と債務者の間で話し合いをする事で、自由に決めていけるのですが、ほとんどのケースでは、将来利息も発生しないという事で、5年以内の分割返済を予定している場合が多いです。
(=債権額が少ない場合は、3年以内で検討されます。)

 

 

しかし、一方で途中で一括返済ができるようなケースだったり、最初からまとまったお金があるので一括返済を予定しているケースでは、借金減額を債権者に持ちかけて、交渉の材料とするケースもあります。

 

と言いますのも、債権者からすると分割返済されるよりも、確実にまとまって入金が入るわけですし、早期回収する事で「貸倒れリスクを軽減する」事にも繋がりますので、有り難い話でもあります。

 

 

よって、弁護士や司法書士の中では、引き直し計算で利息制限法に減額された元金から、さらに借金の減額を求めるという交渉をする方もいて、これは債務者にとっては特な話でもありますので、そのような貪欲な代理人を見つけると、ご自身の利益にも繋がるかと思います。

 

そのため、最初の無料相談の機会で、任意整理の手続きをするにあたっての事務所の方針や担当代理人の方針を確認しておき、債務者ありきの交渉をしてくれるような代理人を選ぶように心掛けて頂ければと思います。

任意整理 一括返済 ローンへの影響は?

ところで、任意整理の手続きをし、一括返済で繰り上げ返済できたり、早期に解決できたりした場合ですが、各種ローンに何か影響が出るのでしょうか??

 

また、任意整理をする事でローンへの影響があるのか??という2点について、まとめていきたいと思います。

 

 

任意整理後に一括返済をしても、ローンに大きな影響はありません。

任意整理の結果、早期に解決したり、一括返済をしたからといっても、現在利用しているところのローン各種の会社にとっては無関係ですので、信用が上がるような事はありませんし、むしろ任意整理の手続きをした時点で、対象の債権者からは信用情報機関を通して、「異動情報の報告(=ブラックリスト)」になりますので、逆に信用度は落ちています。

 

また、信用情報機関への異動情報の登録期間にも定めがありますので、一括返済で早めた場合でも、大幅に報告期間が短くなるという事もありません。

 

 

任意整理する事で、今のローン返済に一括請求をされたりするのか??

基本的には、ローン返済などは、各社の「期限の利益」がありますので、期限の利益喪失約款を守っている限り、いきなり一括請求をされるという事は考えにくいですし、あり得ません。

 

よって、任意整理の手続きをとった事が理由で、住宅ローンや車のローンの一括返済を求められるという事も無いと思って良いです。

 

 

また、任意整理の手続きは、自己破産とは違いますので、持ち家だったり車だったり、ご自分の資産を売却したりする程の手続きではありませんので、「資産を守りながらご自分の借金問題を解決する事」ができる手続きとなっていますので、その点では、誰にも内緒で手続きを進める事も可能だと言えます。

 

 

もし、任意整理を誰にも知られずに、内緒で手続きを進めたいという事であれば、その点は安心して相談して頂ければと思いますし、トップページではあなたの意向にあった提案ができる、債務整理のプロを紹介していますので、合わせて参考にして下さいね。

 

 


任意整理にオススメな事務所ランキング

※債務整理、任意整理は事務所の特徴を把握し、実力のあるところで手続きするようにしましょう!