任意整理 新たな借り入れ

債務整理や任意整理の手続きをすると、今後消費者金融から新たな借り入れが出来ないものでしょうか??それとも新たな借り入れが出来るかどうかは、何かの条件が必要でしょうか??

 

ここでは、新たな借り入れが出来るようになる条件などをまとめていきたいと思います。

 

 

原則、任意整理後すぐは新たな借り入れができないと思って下さい!

任意整理を行うと、債権者は「信用情報機関」へ、任意整理の手続きに入った事を報告するのですが、これが「異動情報」と呼ばれたり、「ブラックリスト」と呼ばれたりする情報の事を指します。

 

 

この情報は、債権者からすると、

 

「任意整理をしているくらいだから、返済能力が極めて厳しい状態なんだろう」と判断するには、十分な情報となり、借り入れ審査に影響を与えるという事になります。

 

 

また、貸金業者を営む者は、各種指定された信用情報機関へ加盟する事が義務付けられていて、返済能力の調査のために、信用情報を活用する事、利用状況を定期的に報告する義務があります。

 

よって、多くの貸金業者に、任意整理した情報が出まわる事になりますので、新たな借り入れ審査に影響が出ると思っても良いという事になるのです。

 

 

任意整理後に融資を受けれる可能性があるとすれば??

次に、任意整理をする事でその後の融資はずっと行われないの??という点ですが、任意整理 信用情報 | 信用情報の開示方法と機関、何年ほど不利益が出るのか?解説でも示した通り、任意整理後5年で異動情報の報告期間を満了します。

 

そのため、任意整理の手続きが終わり、信用情報の報告期間を満了したのを確認した後であれば、融資相談をする事も可能と言えますが、信用情報機関には、3つの指定機関がありますので、それぞれの満了期間を確認しておくようにはしましょう。

 

 

ただし、一度任意整理した貸金業者への再度の申し込みは、厳しい可能性があります!

 

貸金業者の中には、自社内のデータベースを保有しているケースも多く、過去の利用者の利用状況などをチェックする事ができます。

 

 

そのため、過去の取引で任意整理していた事が分かると・・・

 

「この人は、また同じことを繰り返すかもしれない」という判断を下される可能性があり、そうなると新たな借り入れ相談も出来ない可能性があります。

 

 

これは、あくまで各社の基準によるので、すべてがそうであるとは限らないのですが、任意整理の手続きをした貸金業者へ申し込みする時は、頭の片隅には断られるかも知れない・・・というリスクを考えてはおいて下さい。

 

 

一番良いのは、借り入れしない事です

一度、借金をしてしまうとその便利さについつい使いすぎてしまったり、また新しいところで借り入れ相談をしたりと、いわゆる多重債務の状態になってしまうものです。

 

借金は、依存症な側面もあるので、人によっては「借金ありき」な生活スタイルになったり、繰り返し借金をしてしまう「借金癖が治らない」という方もいるくらいです。

 

 

任意整理で、せっかく新しい人生のスタートを切り、毎月の返済を終えて、これから借金の無い生活をスタートさせれるという時に、新たな借り入れをする事で、借金生活へ逆戻り・・

 

という事が続くと、本末転倒ですし、任意整理の意味合いが薄れますので、繰り返し借金をしないような自制心を働かす事も大切かと思います。

 

 

今回は、任意整理の手続きで留まったかもしれませんが、ゆくゆくは民事再生だったり、自己破産だったり、債権者や家族にも迷惑のかかる可能性のある債務整理の手続きを取らざる得ない事になりかねませんので・・・

 

その点は、十分に留意して下さいね。

 

 

任意整理にオススメな事務所ランキング

※債務整理、任意整理は事務所の特徴を把握し、実力のあるところで手続きするようにしましょう!