民事再生記事一覧

大手企業も選択に悩む民事再生と会社更生自分の会社を再生するための倒産手続きにおいて、どちらにしたらいいのかは様々な角度から考える必要があります。今までは会社更生は株式会社のみに適用され、上場企業や大手企業等の倒産すると社会的に影響がある場合、適用されていましたが、そのような企業であっても民事再生を選ぶ企業が増えてきています。会社更生の場合、利害関係等を考えず裁判所が選んだ管財人しか、再建業務を行え...

民事再生手続きにおける管財人の役割とは??民事再生法は、経済的に窮境にある債務者の事業又は経済生活の再生を目的とする日本の法律で、平成11年の12月に施行されています。日本における倒産法の一つ。適用された法人は一般人における自己破産となる。日本における倒産法の内のひとつで、民事再生法が適用された法人は、一般人における自己破産の様な状態となります。ただし、自己破産の場合は返済能力がないということが認...

民事再生が適用されても、一般優先債権は優先されます民事再生中の企業でも一般優先債権は優先されます。民事再生中は社員の給料等の遅配が発生するのではと誤解される方がいますが、労働債権は一般優先債権ですから債権者への弁済より優先されるものです。公租公課についても、労働債権と同様に優先して弁済が行われるものです。再生計画が裁判所に受理され、民事再生が始まっても、社員の方は給料面について心配する必要はありま...

民事再生による借金の圧縮率について民事再生が認められると、借金が圧縮され、それを3年で支払うことができれば、残りの借金は免除されます。この圧縮率は民事再生法の231条2項3号および4号で定められており、500万円未満の場合は100万円500万円以上1500万円未満の場合は、総額の20パーセント(100万円〜300万円)1500万円以上3000万円未満の場合は、300万円3000万円以上5000万円...

売掛金がある取引先が民事再生を開始したら回収できていない売掛金がある取引先が民事再生の手続きを開始した場合、売上の金額をすべて回収するのは難しいでしょう。一般的に債務が8割減額され、2割しか戻ってこないこと、完済されるのは5年後というケースが多いです。しかし、民事再生の場合は、会社更生や破産とは異なり、経営者が経営に携われますし、保有している財産の管理や処分が認められていることから、大手の得意先の...

民事再生時には営業譲渡が発生する事があります。民事再生手続きによる、営業譲渡の手続きは、迅速に裁判所の指示による行うことが可能です。企業が倒産すると、営業権の価値は急速に下がってしまいます。民事再生は、債権者に債務を弁済しながら事業を継続するのが、目的の再生計画です。倒産する前に、価値のある営業権を譲渡することにより、債務の整理を行えるのであれば、裁判所は営業譲渡の指示を出すものです。経営破綻して...

民事再生で住宅ローン残高が重要になる理由民事再生は、個人再生とも呼ばれていますが、債務整理の中でも最も複雑な手続きであると言われています。民事再生の特徴の1つが、マイホームを所持したまま借金を整理できるということにあります。住宅ローンはいっさい減らすことができませんが、他の借金については大きく減額できます。減額できる割合については法律で決められており、例えば500万円〜1,500万円の借金なら、5...