任意整理ラボ

債務整理や任意整理は、手続きだけを見れば非常に簡単なのですが、それでも一人で手続きを行うのと、弁護士や司法書士といった専門家が支えてくれながら、手続きも交渉もすべて行ってくれるのとでは大きな違いがあります。

 

 

できれば、一人で悩まず、一人で手続きを進めず、頼りになる先生を見つけて手続きをするのがオススメです。

 

その理由として、

  • 弁護士や司法書士といった、専門性の高い先生の智慧をフル活用できるから。
  • 弁護士や司法書士には債務整理に強い先生がいて、過去に案件も多数受けており経験値が頼りになる。
  • 多くの債務者を見てきた経験から、きちんと正確なアドバイスを出し、生活債権、借金苦から確実に脱出できる。

といった理由が考えられます。

 

 

借金問題を解決するのは、債務整理で終わりではなく、債務整理で手続きを完了した時点で始まり、あなたの借金苦や生活苦から開放されて、あなたが望む夢や希望、目標を持って、自信を持って日々を歩むことができるようになる事までが大事です。

 

そのため、手続きだけで終わらず、あなたの力になってくれる、本物の弁護士や司法書士を味方につけないと、債務整理で終わってしまう事になり兼ねませんので、代理人選びはとても重要な作業と言えます。

 

 

当サイトでは、債務整理の中でも特に「任意整理」に関する情報をまとめたり、任意整理 体験談では、地域ごとの債務者の体験談、任意整理 ブログでは、業者との対応について債権者の口コミや体験談をまとめています。

 

 

それぞれの情報が参考になればと思いますので、活用頂ければと思いますので、その点で言えば、「任意整理ラボ」(=任意整理の研究所)を名乗るのも、ある意味正しいかなと思っています。

 

これからも有意義な情報提供が出来るように心がけたいと思います。


任意整理ラボ失敗しない

続いて、弁護士や司法書士といますが、それぞれ何が違うのか??がわからなければ、どうやって選択すればいいのかがわからないと思いますので、ここでまずは弁護士と司法書士の違いについてまとめてみました。

 

これらを理解する事で、任意整理に失敗しない、債務整理の手続きを円滑に進める事が出来るかと思いますので、参考にして頂ければと思います。

 

  弁護士 司法書士
試験

司法試験に合格
※裁判官、検察官と同じ

司法書士試験に合格
業務資格 法律業務範囲に制限なし

登記、供託業務を行う資格
※認定司法書士の場合はさらに民事事件で訴額が140万円以下の事件も含む

民事訴訟に関する制限 制限なし

和解、交渉、訴訟代理権は訴額が140万円以下の簡易裁判所でトラ使う案件のみ。
※これを超える場合は本人訴訟支援業務となるが非弁行為の可能性もあり

自己破産、民事再生 代理可能

代理できない。
※本人申立の支援となります。

 

上記の通り、法律問題を扱えるのにかわりは無いのですが、代理人となれる範囲に一番大きな違いがあると言えます。

 

その上で、弁護士と司法書士で大きく違う点は他に何があるのか??という場合に一つの面としては「費用面」ではないでしょうか。

 

 

費用については、各事務所によって違いますが、弁護士会や司法書士会で報酬規定の上限がありますので、それ以上に徴求する事はできません。

 

その規定の中身を見ても、大きな相違はないのですが、弁護士の方が専門性を活かした業務という事もあり、「着手金を1社あたりいくら」と定めているケースが多い印象があります。

 

 

その点で言えば、若干弁護士の方が報酬が高い可能性がありますが、それでも大きな差異にはならないでしょうし、弁護士の専門性を活かして債務整理を進めたい場合は、弁護士へ依頼するのがベストな選択と言えるでしょう。

 

いずれにしても、代理人選びは妥協無しでされる事をオススメしたいので、当サイトでは、任意整理 費用 弁護士 司法書士でそれぞれの違いなどを明確にした上で、オススメの事務所情報などもまとめていますので、参考にして下さい。

任意整理にオススメな事務所ランキング

※債務整理、任意整理は事務所の特徴を把握し、実力のあるところで手続きするようにしましょう!