自己破産記事一覧

自己破産の手続きは弁護士に依頼しよう。負債がふくらみすぎてしまい、返済することが不可能になってしまった人は自己破産という道が残っています。自己破産は、原則借金が免除されるので、今まであった負債はリセットされることになります。そのかわり、デメリットもあって、一定の価値のある財産を持っている場合は、処分されてしまうことがあります。あとは、信用情報に掲載されてしまうので、10年間は新たな借金やクレジット...

自己破産するとクレジットカードが作れなくなるの??自己破産などの債務整理をすると、クレジットカードをつくれなくなるというのは本当でしょうか。一般的には、自己破産をすると免責決定から5~10年はクレジットカードを作ることができないと言われています。これは、審査の時に、「個人信用情報」を見られるからです。つまり、自己破産したという事実が一定期間にわたり金融事故として記録されてしまうからです。もちろん、...

自己破産をした後の借入について、ご存知ですか??借金を返済できずに債務整理をした場合には、その後一定期間はお金の借入や、クレジットカードの申し込みができなくなってしまいます。これはその人の信用情報にブラックが登録されるため、いわゆるブラックリストに載ってしまうためです。信用情報を管理しているのは信用情報機関で、消費者金融系、クレジット系、そして銀行系の3つの期間があります。債務整理で任意整理をした...

生活保護の受給者でも自己破産できるのか??もしも生活保護を受けている人が、消費者金融のキャッシングなどから借り入れをしてしまい、それが多重債務となって返済ができなくなってしまったら、果たして自己破産することは出来るのでしょうか。その答えは、「破産手続きをすることは可能」という事になります。正式に手続きを弁護士に依頼すれば、弁護士がそれを受任した時点で消費者金融へ通知を発送してくれます。その通知とは...

自己破産すると医療費はどうなるのでしょうか??多重債務などで借金が返せなくなってしまうと、最後の手段として自己破産の手続きを検討することになります。しかし、この手続きで全ての借金が免除になるとは限りません。確かにサラ金などの借金は0円になってくれるでしょうから、生活はやり直せます。また、非免責債権は幾つかありますので、それは事前に承知しておかなければなりません。たとえば各種の税金、社会保険料、罰金...

自己破産の際に延滞した支払いがある場合は、支払いはどうなるの??自己破産を申し立てるにあたって、さまざまな延滞料が発生している場合には、注意する必要があります。まず、自己破産の申し立てをした段階で、携帯電話や家賃などの各種料金の延滞や滞納が発生している場合には、基本的にそういったお金に関しては、一部の債権者に弁済することが認められていないため、支払うことはできず、それを裁判所に申告しなければいけま...

自己破産した後に住宅ローンは組めるのでしょうか??不測の事態などにより、あちこちから借金をして返せなくなってしまう人は少なくありません。勿論返済する努力をすることは大事ですが、返済のために日常生活が営めなくなってしまうのは問題です。ギャンブルや浪費での借金は自業自得ですが、生活費や事業のための借金などは、自己破産できる可能性が高いです。自己破産とは簡単にいうと、裁判所に申し立てて借金を帳消しにして...

自己破産によって生活に影響することとは??自己破産は、裁判所を通して借金が免除される手続きで、債務整理の一種です。自己破産は、申し立てた人の収入や借金の額を考慮して、裁判所が支払いが不能だと判断した場合には、借金の返済が免除されます。自己破産と効くと、何もかも失い暗いイメージを持つ人も多いかもしれませんが、借金で首がまわらなくなり、返済の目途がたたない人にとっては、経済的再生の機会を与えることがで...

自己破産をすると官報に掲載されます。自己破産のデメリットの一つに、官報に掲載されてしまうということがあります。これにより他の人に知られてしまうのではないかと考えるからです。しかし、現実的には官報に掲載されることにより自己破産したという事実を知られることはほとんどありません。官報とは、政府の発行する広報誌のことで、行政機関の休日以外は毎日発行されています。自己破産をすると、免責開始と免責決定時の2回...

自己破産をすると年金はどうなるのでしょうか?今の日本では、世代や性別に関係なく借金をしている人は数えきれないほど存在しています。その借入をした借金を返済不能になり自己破産という形にする人も同じように増加しています。メリットは、今抱えている債務が全て無効になり返済の義務から解放されることです。しかし、メリットがあるものには必ずデメリットもあるのが世の常になります。自分が所有する資産は、自己破産をする...

自己破産をすると生命保険はどうなるの??自己破産をすると基本的には時価で20万円以上の資産は回収されることになり、債権者に配当されることになります。不動産、マイカーはもちろんのこと、高級腕時計、株券などで売却した場合に20万円以上の価値を有するものが対象となります。また、生命保険もこの対象となることがあります。掛け捨てであれば、資産はほとんどありませんので問題ないのですが、回収されるのは20万円以...

自己破産を行った場合、官報に掲載されることになり、クレジットカードを含む新たな借り入れをすることができなくなってしまいます。ただし、自己破産を行ったから一生そういった借り入れ行為ができなくなってしまうかというと、そうではありません。そういったものには時効が存在します。その時効とは、通常は7年となっております。しかし、実際には、通常時効は官報でも個人信用情報でも10年となっており、自己破産を行った場...

自己破産の手続きと管財人について、まとめていきます。自己破産の手続きと言うのは、借金をした理由が浪費やギャンブルではない事、隠し持つ財産が無い事、収入が少なく返済能力が限りなく少ない事などの条件を満たしている場合に限り、手続きを進めることが出来る債務整理の方法の一つになります。自己破産の手続きは、弁護士などに依頼をすることで裁判所に対して破産の申し立ての代理人を務めてくれますが、破産申し立てを行っ...

自己破産の際に役立つ無料相談について自力での借金返済が難しいと感じたら、自己破産手続きをすることも視野に入れる必要があります。自己破産は必要な書類を管轄する地方裁判所に届け、受理されることで成立します。破産の申請に必要な手続きは一人で行うことも不可能ではありませんが、膨大な書類を提出することが求められるため、一人で全てをこなすのは大変です。早く確実に自己破産を申請したいという人は、弁護士の無料相談...

自己破産をすると退職金はどうなるのでしょうか??自己破産をした場合、退職金はどうなるのでしょうか。もちろん、既に退職金が出ているケースでは、通常の財産とみなされますので、99万円以上の財産は回収され債権者に配当されることになります。問題となるのは、退職金が出るまでまだ時間があるケースです。このケースでは、仮に今すぐに退職したらいくらになるかを計算し、その金額の8分の1に相当する額を財産とみなします...

不動産の任意売却と自己破産について自己破産を申し立てて許可がおりると、すべての借金がゼロとなるわけなのですが、その際に注意しなければいけないのが申立者が不動産物件を所有しているかどうかです。それによって裁判所からの免責許可がおりるまでの流れが大きく異なってきますので、できるだけ早く諸手続を終われるよう、不動産を所有している人は最初に任意売却によって財産を処分しておくのがベターと言えます。それは、一...

自己破産を司法書士に頼む時に注意したいこと借金を返済できずに債務整理を行う場合は、任意整理や自己破産、特定調停といった方法の中から選ぶことになります。このうち特定調停は、自分で裁判所で手続きを行いますが、それ以外の方法は、弁護士や司法書士に依頼することになります。どちらに依頼しても、極端に費用が違うということはありませんが、自己破産をする時には、気をつけておきたいことがあります。この場合、弁護士に...

自己破産の手続きとブラックリストについて自己破産は債務整理の手法の一つで、裁判所に対して破産申し立てを行い、裁判所が許可を下すことで手続きが進められ、免責が確定すると全ての債務がゼロになると言った特徴が在ります。また、自己破産をするとマイホームを所有している場合には処分をしなければならない事、破産法で認められている自由財産を除く財産や破産管財人が差し押さえた財産については処分が行われ、破産管財人の...

自己破産!銀行口座はどうなるの?自己破産した場合、銀行口座は凍結されるのでしょうか?そして、新規開設は不可能なのでしょうか?借入のない銀行の場合、凍結はされません。また、新規口座開設も可能です。問題は、借入のある銀行の場合です。「自己破産の申立のため弁護士が受任した」旨の通知が弁護士から銀行へ送られた時点で、預金は凍結されます。つまり引き出すことができなくなる、公共料金などの自動引落での支払いがな...

自己破産後は、携帯契約ができるのか??自己破産をした後は、裁判所より免責決定を受けてから5年間は、信用情報機関に記載されるため、クレジットカード、各種ローン等の利用や新規申し込みができなくなります。特に、銀行系のクレジットカードやローンの場合は、公的な情報についても審査に影響することから、官報に氏名や住所が記載される10年間は認められない可能性が大きくなります。携帯契約も信用情報の影響を受けること...

自己破産とは生活再建のためのもの一般的に自己破産というと、「破産手続き後には、惨めで苦しくて貧乏な生活が待っている」というような暗いイメージがあります。確かにそのイメージは、決して見当違いとは言えません。実際、その手続きによって大切なマイホームを手放してしまう人もいるのですから、暮らし向きは悪くなってしまうことが多いのです。しかし、だからといって「自己破産=必ず貧乏になってしまう=だから何の希望も...

自己破産の手続き、取り立てはストップするの??自己破産の手続きには法律的な要素が強い事からも、一般的に弁護士などの法律の専門家に依頼をすることで、裁判所に提出する書類の作成や破産申し立てと言った代理業務を担って貰う事が出来るようになります。因みに、自己破産と言うのは債務整理の手続きの1つであり、債務整理を得意としている法律事務所もあれば、債務整理と言う借金問題を取り扱っていない法律事務所が在る為、...

自己破産後にはデビットカードの利用が便利自己破産の最大のデメリットとして考えられるのが、クレジットカードが5~10年は利用できなくなるという点です。すべて現金払いにすればよいだけの話ではあるのですが、ネットショッピング等の普及によりキャッシュレス化が進みクレジットカードがあるとなしでは生活の利便性に大きな影響が出てしまいます。海外旅行などでは特に痛感します。ところが、最近になりこの問題が解消されつ...