任意整理 ブラックにならない

任意整理の手続きで、ブラックにならないケースがあるのか??なるべく不都合にならないためにもそのような事があるのであれば、ぜひ知っておきたい!という事で調べてみました。

 

まず、結論から言いますと、信用情報にブラック情報と呼ばれる異動情報が登録されるのは、任意整理の場合は必須となるため、通常はブラックにならないという事は無いと見られています。

 

 

しかし、個別のケースで見た場合ですが、いわゆるブラック情報が報告されない場合に、不都合が生じないケースもありますので、以下の点から再考してみました。

 

  • 信用情報ごとの更新タイミング、報告について
  • 信用情報機関の報告先によるもの
  • 信用情報機関同士における情報交流(CRIN)について

 

上記の点を踏まえて、表にまとめてみました。

 

 

信用情報ごとの更新タイミング、報告について

JICC(日本信用情報機構)

  • 異動情報が登録されるケース 当該事実の発生日より5年を超えない機関
  • 本人特定のための情報 氏名、生年月日、性別、住所、電話番号、勤務先、勤務先電話番号、運転免許証等の記号番号等が登録されます。
  • 情報更新のタイミング 月に1度は原則更新

    ※ただし業者による誤差はあり。

  • 信用情報利用の同意 返済・支払能力の調査に限り利用が可能。

 

CIC

  • 異動情報が登録されるケース 契約期間中および取引終了後5年間
  • 本人特定のための情報 氏名、生年月日、性別、郵便番号、住所、電話番号、勤務先名、勤務先電話番号、公的資料番号等
  • 情報更新のタイミング 原則月に1度の更新

    ※ただし業者による誤差はあり。

  • 信用情報利用の同意 クレジット会社等への申込み、契約の際に、利用と登録の同意を得て使用。

 

全国銀行個人信用情報センター

  • 異動情報が登録されるケース 契約期間中および契約終了日(完済していない場合は完済日)から5年を超えない期間

    ※不渡り情報は別途規程あり。

  • 本人特定のための情報 氏名、生年月日、性別、住所(本人への郵便不着の有無等を含む)、電話番号、勤務先等
  • 情報更新のタイミング 規程の記載無いですが、1ヶ月に1度は更新と推定。
  • 信用情報利用の同意 与信取引上の判断のための参考資料として利用。

 

 

上記の通り、情報が更新されるタイミングは、通常のケースで月1回となっていますが、異動情報の更新タイミングは、こんなに多くはないと推定できます。

 

そのため、異動情報の更新タイミング次第では、「ブラックになっていない情報」と言っても良いかと思います。

 

 

信用情報機関の報告先によるもの

例えば消費者金融のキャッシング利用分について任意整理の手続きをした場合、報告先はJICCとなりますので、即座にCICへ影響を与えるという事もありませんので、JICCの情報を持って、ただちにクレジットカードの利用停止とする事もあまり見られません。

 

 

ただし、多くのクレジットカード業者は、JICCへの加盟もしており、与信判断の材料にしている事も間違いありませんので、これらの情報を持ってCICの情報を更新した際に、クレジットカードの利用停止となるケースも考えられますので、一概に大丈夫という事では無いという事は憶えておいて下さい。

 

クレジットカードとの関係については、任意整理中 クレジットカード | 審査や使用への影響、新規作成が可能かをまとめました。でも詳しく紹介していますので、参考にして頂ければと思います。

 

 

信用情報機関同士における情報交流(CRIN)について

 

指定信用情報機関であり、JICC、CIC、全国銀行個人信用情報センターの3つは、それぞれの情報を交流し、与信精度の向上のために利用していて、上記の図の通りになっているのですが、この交流について「CRIN(Credit Information Network)」を通して行われます。

 

また、JICCとCICの間では、FINE(Financial Information Network)による交流も行われていて、個人信用情報の詳細や申込情報(ローン等の申込を受けて、貸金業者が照会した事実を記録)とCRIN情報よりも詳細なデータの交換がされています。

 

 

これらの情報交流の中には、延滞情報や移動情報も含まれると考えられますので、任意整理をした事を信販会社や銀行が把握する事は可能ですので、直接的にブラックになるわけでは無いですが、CRIN情報を通してという点ではあり得るのでは無いでしょうか。

 

 

上記の通り考えて、任意整理の手続きをした事でブラックにならないケースというのはほぼ無いかと思いますし、該当の金融業者からCRIN情報などを通して、結果的にブラックと見なされるケースもあると言えそうですので、その点は知っておかれると良いのかなと思います。

 

 

任意整理の相談先はどこが良い??

 

当サイトでオススメの弁護士、司法書士をランキングで紹介しています。

 

※すべて、無料相談が可能ですし、フリーダイヤルを使えば電話料金がかかりませんので、オススメです。

 

杉山事務所

返還額日本一! 杉山事務所の特徴

<費用>
・メールによる無料相談可能。
・着手金 不要・定額報酬
・債務が残存する場合 50,000円 債務がない場合 5,000円
・過払い金の成果報酬 返還額の19.95%

<こんな方にオススメです>
妥協無く、過払い金返還請求したい、より多くの金額を返還して欲しいと望む方。

費用の分割相談をしたい方、わかりやすい相談を希望される方や、全国で高い実績を誇る司法書士をお探しの方向けです。
 
フリーダイヤル 0120-092-877
※フリーダイヤルは無料通話なので、安心してご相談下さい。

相談料 0円
代理区分 司法書士
評価 評価5

アヴァンス法務事務所

成功報酬 16〜18% アヴァンス法務事務所の特徴

<費用>
・初期費用 0円
・過払い金返還請求時、成功報酬型で18%〜16%と業界内でも最安値級です。
・無料相談はメールから可能。

<こんな方にオススメです>
とにかく現状の借金問題を本気で解決したいが、取り立ての電話やメールなどで悩んでおり、なかなか行動に移せない。

そんな方は、アヴァンス法務事務所は全国対応、年休無休で対応しておりますので、いつでも安心して相談して下さい。

フリーダイヤル 0120-139-510
※フリーダイヤルは無料通話なので、安心してご相談下さい。

相談料 何度でも0円
代理区分 司法書士
評価 評価4

アヴァンス法務事務所

あなたに最適な相談所を全国から検索 街角相談所-法律-の特徴

<費用>
0円 無料でシミュレーターが可能です。

 <こんな方にオススメです>
借金を減らす手続きをしてくれる相談所や法律事務所を全国から匿名で検索が可能です。

身近な法律事務所から大手の法律事務所まで、あなたの力になってくれる専門家を探したい場合にオススメです。

相談料 0円
代理区分 弁護士 司法書士
評価 評価5

弁護士法人RESTA

弁護士法人サルート法律事務所の特徴

【費用】
着手金 1社につき19,800円
※完済債権は0円です。
定額報酬 1社につき20,000円
成功報酬 返還額の20%
減額報酬 減額分の10%


【こんな方にオススメです】
弁護士歴30年を超えるベテラン弁護士が対応します。

全国いつでも365日相談が可能です。最短即日から取り立てストップできますし、何より経験豊富な判断力で、過払い金請求もきちんと行う、誠実な対応がウリの事務所です。

弁護士の中では珍しい「費用分割支払が無料だったり、「初期費用も相談料も0円と相談しやすい」点も嬉しいですね。
 
フリーダイヤル 0120-103-376
 
ヤミ金相談フリーダイヤル 0120-110-533
※フリーダイヤルは無料通話なので、安心してご相談下さい。

相談料 0円
代理区分 弁護士
評価 評価4

岡田法律事務所

岡田法律事務所の特徴

【費用】
着手金 過払い金に関しては0円!!
(任意整理の場合は、1社あたり20,000円)
基本報酬 1社あたり20,000円
成功報酬 返還額の20%(訴訟での返還は25%)

【こんな方にオススメです】
弁護士へ相談予定で、なるべく費用を抑えたい方、納得いくまで受任せずにきちんと相談し、納得してから受任を決めたい方は、何度でも相談が無料な岡田法律事務所がオススメです。

特に弁護士の多くは、着手金が必要ですが、過払い金請求に関しては無料!!という事で、少しでも費用を抑えて手続きをしたい方、全国対応していますので要チェックです。

フリーダイヤル 0120-425-169
※フリーダイヤルは無料通話なので、安心してご相談下さい。

相談料 何度でも0円
代理区分 弁護士
評価 評価4

 

任意整理にオススメな事務所ランキング

※債務整理、任意整理は事務所の特徴を把握し、実力のあるところで手続きするようにしましょう!