任意整理 ブログ

任意整理のブログを読んでいると、多くの方が体験談を通して、業者との交渉記録、弁護士や司法書士事務所の口コミや評判を紹介している記事をよく見かけます。

 

当サイトでも、これらの情報からヒントを得て、任意整理を行う前に必要な情報、知っておいてほしい情報を余すところなくお伝えしたいという事で、実際に任意整理の手続きをされた方々の体験談をアンケートでお聞きして、収集してきました。

 

消費者金融大手はもちろんの事、中小の消費者金融、時には闇金との任意整理体験談など・・・他ではないリアルな体験談を通して、あなたがこれから手続きを検討している債務整理(任意整理)には、何が必要でどんな交渉が行われるかを参考にして頂ければと思います。

 

 

また、一方で弁護士や司法書士事務所の口コミや評判も体験談としてアンケートしてきています。また将来的には可能であれば、大手の事務所へインタビューをさせて頂く事も考えていきたいと思います。

 

これで、大手の弁護士や司法書士事務所って、実際のところはどうなの??という参考にして頂けるかと思いますので、上手く活用頂ければと思います。

任意整理 体験談 ブログ

以前、カンニング竹山さんが、テレビで自身の借金体験談を話されていた事があります。

 

カンニング竹山さんは、売れていない時代の話で、消費者金融で結構な金額を借入していたようですが、気づけば闇金にまで手を出していたそうです。

 

 

借金の原因は、芸能界らしい風習とか、見栄を張ったりする事だったみたいで、

 

  • 借金は芸の肥やし
  • 芸の為に借金して遊べ

 

という先輩方の教えを守って??(無理をしてとでも言えば良いのでしょうか・・・)ファッション、飲食、パチンコや麻雀、競艇などのギャンブル、後輩に食事をおごったりをしてきたようです。

 

 

実際に番組の中で、借金した理由を

 

  1. 生活費が不足したため
  2. 他の借金を返すため
  3. 友人の結婚式のお祝いなど一時資金
  4. 趣味や娯楽のため
  5. お小遣いの補てんのため

 

このように述べていたので、明らかに「見栄を張る行動」から来ていると言えそうですね。

 

 

さらに、闇金での体験談もテレビ内で紹介していたのですが、「3万円を借りにいった時に、2万円を手渡され1万円は『申込用紙代』として取られてしまった」という事で、いきなり闇金の手口にはまってしまったという事ですね。

 

 

このような体験談は、ブログ村でもよく見かけますし、また様々な方のブログで紹介をされていますし、主婦の方、サラリーマン、20代、30代、40代、50代、60代・・・それぞれの立場で書かれているので、生の声としてとても参考になります。

 

当サイトでも、そのような生の声をどんどん集めていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

 

【参考情報】 任意整理対象会社一覧
※大手の金融業者だけでなく、中小貸金業者も多数ありますので、これらの会社も任意整理の対象に含まれます。

 

株式会社エア・ウォーター企業、株式会社ジャックス、株式会社札幌北洋カード、中道リース株式会社、平和興産株式会社、道銀カード株式会社、株式会社千代田信用、小畑平蔵商事株式会社、株式会社伊東商事、株式会社東北しんきんカード、株式会社七十七カード、株式会社東北ジェーシービーカード、株式会社東邦カード、あおぎんカードサービス株式会社、株式会社秋田ジェーシービーカード、きたぎんユーシー株式会社、きらやかカード株式会社、株式会社福島カードサービス、株式会社いわぎんディーシーカード、株式会社いわぎんクレジットサービス、株式会社大東クレジットサービス、株式会社東邦クレジットサービス、株式会社秋田国際カード、みちのくカード株式会社、フィデアカード株式会社、やまぎんカードサービス株式会社、ゼビオカード株式会社、東和商事株式会社、ヤマトクレジットファイナンス株式会社、東光商事株式会社、アコム株式会社、株式会社アサックス、泰平物産株式会社、株式会社クレディセゾン、株式会社日光商事、三菱UFJニコス株式会社、株式会社オリエントコーポレーション、オリックス株式会社、株式会社エイワ、豊和商事株式会社、オリックス・クレジット株式会社、東急カード株式会社、株式会社ジェーシービー、SMBCファイナンスサービス株式会社、イオン住宅ローンサービス株式会社、菱信ディーシーカード株式会社、株式会社あしぎんカード、株式会社八十二ディーシーカード、リコーリース株式会社、タイヘイ株式会社、芙蓉総合リース株式会社、株式会社日産フィナンシャルサービス、三菱UFJリース株式会社、東京センチュリーリース株式会社、三菱電機クレジット株式会社、日立キャピタル株式会社、昭和リース株式会社、東銀リース株式会社、興銀リース株式会社、アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド、みずほファクター株式会社、第四ジェーシービーカード株式会社、ちばぎんジェーシービーカード株式会社、りそなカード株式会社、さくらカード株式会社、株式会社労金カードサービス、北越カード株式会社、株式会社常陽クレジット、株式会社東京クレジットサービス、株式会社しんきんカード、株式会社群銀カード、三井住友トラスト・カード株式会社、フレックス株式会社、むさしのカード株式会社、第一生命カードサービス株式会社、出光クレジット株式会社、ニッセイ・リース株式会社、株式会社レオパレス21、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社(プロミス)、NTTファイナンス株式会社、株式会社TSBキャピタル、朝日生命カードサービス株式会社、トヨタファイナンス株式会社、ナイスコミュニティー株式会社、株式会社京葉銀カード、ちばぎんディーシーカード株式会社、株式会社エムアイカード、ダイヤモンドアセットファイナンス株式会社、東和カード株式会社、とみんカード株式会社、株式会社損保ジャパン・クレジット、宝栄株式会社、第四ディーシーカード株式会社、東京海上日動ファイナンス株式会社、長野カード株式会社、たいこうカード株式会社、商工中金カード株式会社、株式会社セゾンファンデックス、株式会社とちぎんカード・サービス、株式会社八千代クレジットサービス、株式会社ゼロファースト、山梨中銀ディーシーカード株式会社、株式会社いばぎんカード、新生フィナンシャル株式会社、三井住友トラスト・ローン&ファイナンス株式会社、東日本銀ジェーシービーカード株式会社、スルガカード株式会社、財形住宅金融株式会社、シンキ株式会社、株式会社アイエスアイ、アルプスファイナンスサービス株式会社、株式会社モビット、ビジネクスト株式会社、CFJ合同会社、株式会社東武カードビジネス、株式会社ホンダファイナンス、株式会社セブン・カードサービス、SBIモーゲージ株式会社、ポケットカード株式会社、イオンプロダクトファイナンス株式会社、株式会社エール、島屋クレジット株式会社、センチュリーファイナンス株式会社、ジェイ・シー・エフ株式会社、株式会社ジャパンデンタル、野村證券株式会社、シティカードジャパン株式会社、ヤフー株式会社、株式会社エポスカード、首都圏リース株式会社、三菱UFJファクター株式会社、協同住宅ローン株式会社、株式会社日医リース、オリックス債権回収株式会社、ユーシーカード株式会社、大和証券株式会社、株式会社サンステージ、株式会社NTTドコモ、株式会社リロ・フィナンシャル・ソリューションズ、MMCダイヤモンドファイナンス株式会社、東洋プロパティ株式会社、全宅住宅ローン株式会社、株式会社ジェイ・モーゲージバンク、株式会社ライフランド、株式会社優良住宅ローン、三井住友ファイナンス&リース株式会社、全宅ファイナンス株式会社、ぐんぎんリース株式会社、JA三井リース株式会社、ちば興銀カードサービス株式会社、日本モーゲージサービス株式会社、株式会社ジャパン・ファイナンシャル・ソリューションズ、SMBC日興証券株式会社、株式会社ビューカード、日本GE株式会社、株式会社コメリキャピタル、一般社団法人生活サポート基金、株式会社ファミリーライフサービス、株式会社ゴールドポイントマーケティング、株式会社ビジエンス、株式会社建設経営サービス、ライフカード株式会社、株式会社セブンCSカードサービス、楽天カード株式会社、株式会社リンクス、りそな決済サービス株式会社、IBJL東芝リース株式会社、SMBCフレンド証券株式会社、三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社、三井住友トラスト・パナソニックファイナンス株式会社、NECキャピタルソリューション株式会社、一般財団法人競馬共助会、株式会社ビジネスパートナー、ALC.japan株式会社、株式会社エービーシーファイナンス、KDDIフィナンシャルサービス株式会社、SBIマネープラザ株式会社、サーラフィナンシャルサービス株式会社、ダイレクトワン株式会社、株式会社三重銀カード、株式会社百五ディーシーカード、株式会社愛銀ディーシーカード、株式会社十六カード、株式会社名古屋カード、静銀ディーシーカード株式会社、共立クレジット株式会社、株式会社中部しんきんカード、株式会社中京カード、株式会社ユニーファイナンス、第三カードサービス株式会社、株式会社名古屋エム・シーカード、株式会社UCS、清水リース&カード株式会社、リビング・サポート株式会社、静銀セゾンカード株式会社、株式会社クレディア、株式会社セディナ、東海東京証券株式会社、北陸商事株式会社、株式会社北国クレジットサービス、株式会社北陸カード、三県商事株式会社、株式会社福井カード、富山ファースト・ディーシー株式会社、福邦カード株式会社、株式会社プライメックスキャピタル、富士クレジット株式会社、株式会社日本保証、三井住友カード株式会社、株式会社近畿しんきんカード、京都クレジットサービス株式会社、アイフル株式会社、ディー・エフ・エル・リース株式会社、シャープファイナンス株式会社、株式会社池田泉州JCB、株式会社滋賀ディーシーカード、株式会社関西クレジット・サービス、積水リース株式会社、京銀カードサービス株式会社、JFRカード株式会社、ニューファイナンス株式会社、株式会社みなとカード、株式会社ディーアイ、株式会社紀陽カードディーシー、株式会社紀陽カード、南都ディーシーカード株式会社、株式会社池田泉州VC、南都カードサービス株式会社、株式会社しがぎんジェーシービー、ビアイジ株式会社、三鷹産業株式会社、ニッセン・ジー・イー・クレジット株式会社、イズミヤカード株式会社、株式会社京阪カード、株式会社日証、大和ハウスフィナンシャル株式会社、株式会社アプラスパーソナルローン、株式会社アプラス、株式会社アイビーネット、株式会社アップス、株式会社キャネット、株式会社ペルソナ、株式会社クボタクレジット、倉敷金融株式会社、株式会社産興社、全日信販株式会社、山陰信販株式会社、株式会社中国しんきんカード、日本海信販株式会社、もみじカード株式会社、株式会社やまぎんカード、中銀カード株式会社、ひろぎんカードサービス株式会社、株式会社とりぎんカードサービス、西京カード株式会社、トマトカード株式会社、株式会社ゆめカード、しまぎんユーシーカード株式会社、株式会社青山キャピタル、天満屋カードサービス株式会社、株式会社百十四ディーシーカード、株式会社四国しんきんカード、株式会社愛媛ジェーシービー、株式会社高知カード、株式会社西日本ジェーシービーカード、株式会社いよぎんディーシーカード、株式会社いよてつカードサービス、阿波銀カード株式会社、株式会社えるく、トモニカード株式会社、株式会社セントラル、株式会社アスト、株式会社フジ・カードサービス、九州日本信販株式会社、九州カード株式会社、KCカード株式会社、株式会社九州リースサービス、株式会社十八カード、モデルクレジット株式会社、株式会社大証、株式会社モデル百貨、シティックスカード株式会社、株式会社井筒屋ウィズカード、株式会社しんわ、株式会社キューコーリース、株式会社第一ゼネラルサービス、株式会社eコーポレーション(eクレジット)、株式会社FFGカード、株式会社エム・アール・エフ、株式会社九州しんきんカード、株式会社大分カード、株式会社鹿児島カード、株式会社オーシー、肥銀カード株式会社、株式会社日専連ファイナンス、株式会社ヒタックスカード、株式会社レンツ(シティクレジットレンツ)、宮銀カード株式会社、株式会社キャネット、株式会社りゅうぎんディーシー、株式会社おきぎんジェーシービー、株式会社OCS

 

引用先 〜金融庁HP内 貸金業者登録一覧〜

 

その他、クレジットカード会社、銀行系カードローンについても、任意整理の対象となりますので、まずは専門家にどの範囲を、どのように債務整理出来るかを確認するところから、始めて頂いても良いかと思います。

任意整理 ブログ記事一覧

アコムと言えば、三菱東京UFJ銀行系列で、アコムの保証会社で言えば、バンクイックなどのカードローンがあります。バンクイックは、銀行法での管理となり、総量規制の対象外の商品となっているため、過払い金は発生しませんが、任意整理による将来利息のカット、和解による分割返済が可能な任意整理の手続きを取ることは、特に問題無く出来ます。まず、最初にここではアコムでの任意整理の手続きをした方の体験談を紹介したいと...

[アヴァンス法務事務所] ブログ村キーワードアヴァンス法務事務所と言えば、全国でも有数の法務事務所として、CM知名度も高いところです。任意整理のほかにも、自己破産、民事再生、過払い金返還請求をはじめ、信用情報の開示請求など、多岐に渡り債務者救済のために業務を行っていますが、実際の口コミや評判ってどうなの??気になる点も多いかと思いますので、ここでは、アヴァンス法務事務所の体験談を通して任意整理の口...

消費者金融の中でも、最近では珍しい銀行のグループ会社になる事なく、ADR(「Alternative(代替的)」「Dispute(紛争)」「Resolution(解決)」の略)から復活してきたアイフル。バナナマンが2015年8月現在にCMしている事からもお馴染みですが、ここではアイフルに対する任意整理の手続きを取った方の体験談、将来利息についてまとめていきたいと思います。アイフルの支払いが困難で、任...

[アディーレ法律事務所] ブログ村キーワードアディーレ法律事務所と言えば、石丸幸人弁護士はじめ、全国64拠点に弁護士が140名(2015年8月現在)在籍する、大手の弁護士法人です。アディーレ法律事務所では、「豊富な実績」、「ゆるぎない信頼」、「費用の明確化」、「プライバシーの遵守」、「サービス業の徹底」を5つの安心としていて、顧客満足度の高い弁護士事務所として有名です。また、相談実績25万人達成の...

[イオンカード] ブログ村キーワードイオンでのお買い物がより便利に!という事で、イオンが発行するイオンカード。人気の特典としては、毎月20、30日の「お客様感謝デー」に買い物代の5%がオフになります。5のつく日は、「お客さまわくわくデー」でポイントが2倍になります。毎月10日は、「ときめきWポイントデー」として、ときめきポイントが2倍になります。これらのショッピング特典がついていて、VISA、Ma...

[エポスカード] ブログ村キーワードエポスカードは、入会金も年会費も永年無料なエポスカードvisa、年会費5,000円のエポスゴールドカード、エポスプラチナカードがありますが、それぞれにクレジットカードとキャッシングの機能の両面が付帯されています。エポスカードでは、ポイントを貯めたり、優待店舗での割引やポイントアップがあったり、ネット通販店舗でも色々とお得な買い物が出来たりと、とても便利です。また...

オリコやアプラスをはじめ、世の中にはキャッシングやカードローン以外にも、各種ローンの借金を負う事がありますが、中でも高額なローンに位置されるのがオートローンです。オートローンも、他のローンと例外なく、借金にあたるものなので、必ず利用前には審査が行われるのが通常ですし、信用情報に事故情報が登録されていれば、審査落ちという事もありますので、簡単に通るものでは無いという事は憶えておきたいところです。また...

[オリコカード] ブログ村キーワードオリエントコーポレーションで発行される、オリコカードと言えば、日本でも有数の信販会社として知られていますが、過去にはキャッシングの過払い金返還請求に応じたり、大変厳しい経営状況に陥った時もあります。2015年8月現在では、MasterCardとVISAカードから選べる、「Orico Card THE POINT」が年会費無料で作れますし、入会後6ヶ月の間は還元率...

[過払い請求] ブログ村キーワード「消費者金融も恐れる司法書士」として、週刊ダイヤモンド誌でも過払い金返還請求実績が日本一として紹介されていた杉山事務所。司法書士法人でありながら、過払い金返還請求の実績が日本一であり、また債務整理の相談も数多く担当してきた事から、信頼と実績の厚い事務所の一つなのですが、実際の任意整理の手続きをされた方の体験談を通して、口コミや評判について考えていきたいと思います。...

[セゾンカード] ブログ村キーワードセゾンカードと言えば、永久不滅ポイントとして知られる年会費無料の「セゾンカードインターナショナル」をはじめ、セゾンブルー・アメリカン・エキスプレスR・カードやゴールドカードセゾン、はたまた色々な小売店との提携もあり、多岐に渡るカードが発行されています。また、セゾンカウンターで最短即日発行ができるのも魅力で、急ぎでクレジットカードを作りたい方の人気が高いのも、特徴...

[ニコスカード] ブログ村キーワード三菱東京UFJグループのクレジットカードと言えば、ニコスカードですが、各種カードの支払が困難になった際には、クレジット、キャッシングいずれにしても債務整理の手続きを取る事が考えられます。ここでは、ニコスカードの返済ができずに、結果的に任意整理の手続きを試みた方の体験談を通して、まとめていきたいと思います。ニコスの借金を任意整理する簡単な方法 Jさんの体験談債務整...

[デビットカード] ブログ村キーワードデビットカードと言えば、クレジットカード機能や後払いするのが嫌いな方、即時に銀行口座に反映し、資金管理をしたいという方には、とても便利なカードです。また、デビットカードは、クレジットカードとは違い、審査無しでもカードを作る事が出来ますので、クレジットカードなどの審査に不安がある方は、デビットカードを持っていれば、ショッピングの時にお金が足りないとなっても、銀行...

[バンクイック] ブログ村キーワード三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックですが、アコムが保証会社となっている、銀行系カードローンとして人気ですが、金利年4.6%〜年14.6%と消費者金融よりも低く設定されていて、過払い金も発生する事はありませんので・・・任意整理の手続きをするだけ、メリットは無いのかな??と思われがちですが、実は任意整理の手続きは可能ですし、それなりのメリットはあります。こ...

事業資金、資金調達、運転資金を必要とする時に、銀行からの融資を受けられると非情に楽なのですが、銀行の審査には時間がかかる上、審査も厳しい事もありますので、そんな時に商工ローンやビジネスローンなどはとても重宝されます。特に、ビジネクストのカードローンは、年率8.0%〜15.0%(限度額100万円以上)、13.0%〜18.0%(限度額100万円未満)で、無担保かつ保証人も不要(法人の場合は、代表取締役...

東日本旅客鉄道株式会社の子会社が取り扱いしている、Suica一体型クレジットカードのビューカード。定期券購入やSuicaへのチャージをすると、ポイントが通常よりも多くもらえたり、とてもお得なカードとして人気があるのですが、さすがに他のクレジットカードと大きな違いがあるわけではありませんので、利用をすれば借金する事は変わりありません。そのため、時にはビューカードの支払いが出来なくなる事もありますので...

pitapaカードと言えば、スルッとKANSAIが運営するICカードで、西日本を中心に定期券の代わりに利用をしている方も多いです。このpitapaカードですが、デビットカードと違って、審査を通過しなければ取得する事も出来ないのですが、理由はほとんどがクレジットカードと一体型になっている事だと思われます。そんなpitapaカードですが、審査が必要なカードというくらいですから、任意整理や債務整理の影響...

[プロミス] ブログ村キーワードSMBCコンシューマーファイナンス株式会社として知られているプロミスは、三井住友フィナンシャルグループの完全子会社として大手の消費者金融の中でも、安定した業績を挙げている会社になります。大手の消費者金融という事で、営業年数は長く、過去には過払い金返還請求にも苦しんだ時期もあるようですが、2015年8月現在では、業績は大幅に回復傾向にあります。そんなプロミスですが、債...

プロパーローンと聞くと、聞きなれない方もいらっしゃるかも知れませんが、プロパーとは、「本来、固有の」という意味が含まれているようで、銀行(金融機関)単体での融資の事を指すようです。例えば、住宅ローンを例に取ってみると、融資主体は銀行となりますが、そこには保証会社が入る事が多いので、何かあれば保証会社の保証を受けるという風になっているのですが、プロパーローンでは、銀行が直接融資をするという形態になり...

残価設定型クレジットと聞くと難しい用語に思えますが、簡単にいえば、「車のローンで残価設定するプラン」です。通常のクレジットカードやオートローンの審査と同様に、信用情報を通じて返済能力の調査などを行った上で、設定されるローンなので、過去に任意整理をはじめとする債務整理を行い、信用情報に異動情報が報告されているケースでは、審査に通らない可能性も高いと思われます。実際のところどうなのか?という点を体験談...

プルーデンス法律事務所は、現在は解散の手続き中で、任意整理の手続きを受付していないですが、過去には任意整理や債務整理の相談を受けた実績もありますので、ここではその方の体験談を参考情報として紹介したいと思います。任意整理をプルーデンス法律事務所に依頼したOさんの体験談自分の身から出た錆ですが、借金の返済に困り果て、任意整理を行った経験を持っています。知人に法曹界に詳しい者がいて、債務整理に強く、また...

ベリーベスト法律事務所と言えば、酒井将、浅野健太郎弁護士の二人が代表を務める事務所ですが、パートナー弁護士、アソシエイト弁護士、弁理士、司法書士、行政書士が、多数在籍しています。事務所も東京本店をはじめ、以下の事務所があります。東京本店 〒106-0032 東京都港区六本木1-8-7 アーク八木ヒルズ11階札幌支店 〒060-0001 北海道札幌市中央区北1条西3丁目2番 井門札幌ビル9階仙台支店...

セミナーや会議企画の会社「ザ・コンベンション」ですが、2011年に倒産していて、 任意整理の手続きを小林実弁護士のもとで行いました。負債総額にして2億円だったという事ですが、個人と同じで債務者の話し合いを通して、借金の減額や返済プランの見直しなどで立て直しを図るという事ですが、個人の場合でも、人生の立て直しをする際には、任意整理の手続きを取る事は一つの手段です。ここでは、個人の任意整理の手続きをさ...

2006年11月に丸井の発表で、消費者金融事業を中心に事業をしていた「ゼロファースト」の事業を大幅に縮小し、エポスカードに移管する事となりました。そのため、ゼロファーストに関する任意整理の手続きや過払い金返還請求の手続きは、現在はエポスカードが窓口となっていますので、債務整理の相談などは、現在の窓口であるエポスカードへと相談する事となります。過去のグレー金利問題や過払い金返還請求、そして貸金業法の...

[ポケットカード] ブログ村キーワードニチイ(今ではマイカルからイオンリテールと変更)傘下だった信販会社「ニチイ・クレジット・サービス」が最初なのですが、現在は「P-oneカード」というネーミングで、事業を継続しています。途中、消費者金融大手のプロミスの連結子会社になった事もあり、ポケットカードの過払い金返還請求の窓口にもなっていましたが、2013年以降は、三井住友フィナンシャルグループ、三井住友...

[ポケットバンク] ブログ村キーワードポケットバンクと言えば、三洋信販という名で貸金業務を営んでいましたが、右の画像の通り三井住友銀行グループのプロミスと平成22年10月に合併となりました。そのため、債権はプロミスへ引き継がれる事となっていますので、融資相談や債務整理の相談、過払い金返還請求などは、プロミスで相談する事となりますので、何かあればプロミスコールへ連絡を入れるようにしましょう。ここでは...

大阪の浪速区(難波)で事務所を置くみまや法律事務所(=http://www.mimaya-lo.com/)は、交通事故相談がメインの法律事務所で、保険会社から提示された示談金以上の成果を出す事でも知られています。代表弁護士の御厩 高志先生の他、倉田多佳子弁護士、林征人弁護士、岩田直樹弁護士が2015年8月現在では在籍しています。HPを見ると、現在は交通事故相談がメインとなっており、債務整理の手続き...

[フラット35] ブログ村キーワードフラット35と言えば、民間金融機関と住宅金融支援機構が提携して提供している住宅ローン金利の一つで、長期間に渡り固定金利を組めるというメリットが有り、とても人気のあるローンです。一方、通常の住宅ローンの審査と同じで、フラット35を利用できるかどうかは、審査の上で決定する事となり、その際には信用情報の取得などをはじめ、返済能力の調査は必ず行われる事となります。そのた...

創業45年を迎える中堅消費者金融のフクホーですが、大手の消費者金融と比べて、任意整理の手続きにおいて、何か気をつける事はあるのか??それとも違いは特に無いのか??について、体験談を通して考えてみたいと思います。【会社情報】フクホー株式会社本社所在地 大阪市浪速区難波中3-9-5登録番号 大阪府知事(03)第12736号任意整理中でも融資に応じることがあるフクホー大手の消費者金融と違い、中小の消費者...

株式会社ナショナル商事が運営する中堅消費者金融会社のユニズムですが、任意整理の手続きを他社でした事のある方でも、融資ができるという話がありますが、実際のところはどうなの??という点を、体験談を通してまとめていきたいと思います。【会社概要】会社名 株式会社ナショナル商事本社住所 三重県鈴鹿市道伯3丁目10番18号登録番号 三重県知事(11)第00164号任意整理中の私にもユニズムは融資してくれました...

[楽天カード] ブログ村キーワード楽天カードといえば、楽天ポイントに還元できたり、クレジットカード還元率も高いカードとして人気があるのですが、クレジットカード機能以外にも、キャッシングの機能もついていますので、使い方は要注意です。ここでは、楽天カードをはじめとして、借金が膨らんだ結果、任意整理の手続きをした方の体験談をまとめてみましたので、参考情報として読んで頂ければと思います。楽天カードを使いす...

リヴラ総合法律事務所は、第一東京弁護士会に所属する大野弘明弁護士が代表を務める弁護士事務所ですが、弁護士費用の分割は最大で1年という事で、通常は6ヶ月程度が多い分割払いの中でも、猶予が大きいので、できるだけ長く分割したいという方にはオススメの事務所の一つです。リヴラ総合法律事務所の条件などを詳しく確認したい方は、こちらからどうぞ。リヴラ総合法律事務所では、債務整理の相談も可能ですし、過去にも多くの...

[レイク] ブログ村キーワード新生銀行カードローンのレイクと言えば、菜々緒さんはじめ大物タレントを起用したCMや「2種類の無利息サービス」から選べるという事で人気も高いサービスです。現在では、新生銀行カードローンとして、新生銀行傘下でカードローンとして営業をしていますが、過去には外資系の消費者金融としてGEキャピタルの傘下にあった事もあり、他の大手の消費者金融と同条件での貸付を行ってきました。その...

Jトラスト フィナンシャルサービス(旧ステーションファイナンス)の子会社として、ネット専業のローン会社と珍しいプリーバさん。インターネット専門の消費者金融として、業界初 の「TRUSTe」や「TRUSTeMobile」の認証を取得したり、「お客さま本位のパーソナルローン会社」としての認知度が高かったのですが、中には支払いが継続できず、人に整理の手続きに陥る方もいらっしゃいます。ここでは、プリーバさ...

京都の弁護士法人「プロフェクト法律事務所」ですが、過去に法律相談実績としては10,000件を超える実勢があり、債務整理の相談も実績豊富です。2015年8月現在では、京都事務所と大阪事務所があり、大谷哲生先生、鎌田健司先生、川田拓志先生、喜田純章先生、高橋映次先生、中川由宇先生、北川恭介先生が在籍しています。プロフェクト法律事務所の債務整理の特徴として、「依頼者利益の追求」という事で、依頼者の意思を...

[法テラス] ブログ村キーワード任意整理や各種債務整理の手続きをする際に、着手金や報酬体系は、一般の弁護士や司法書士事務所と同じなのか??という点をここではまとめていきたいと思います。そもそも、法テラスの目的というのが、「総合法律支援法」と呼ばれる法律で作られた機関で、国の機関として機能しているのですが、弁護士や司法書士のサービスをより身近に利用できるようになっています。そのため、法テラスでは情報...

[モビット] ブログ村キーワード消費者金融のモビットと言えば、テレビCMでもお馴染みなので、ご存知の方も多いかと思いますが、2015年8月現在では三井住友銀行グループとなっています。モビットといえば、「WEB完結申込」と呼ばれるもので、電話連絡もなく、郵送物も無しでキャッシングの申込、審査、融資まで完結するという事もあって、とても人気です。一方、銀行系カードローンでは無いので、貸金業法の規制を受け...

[楽天銀行] ブログ村キーワード楽天銀行での融資と言えば、楽天銀行カードローンが有名です。2015年8月現在では、「金利半額のキャンペーン」をはじめ、主婦向けのカードローン、不動産担保ローン、教育ローン、ブライダルローンなどを取り揃えています。さらに、私も持っているのですが、楽天グループの銀行にあたるため、カードローンで入会審査に通過すると、ポイントがランクごとにもらえるという事で、とても便利な一...

[三井住友銀行カードローン] ブログ村キーワード三井住友系のグループと言えば、三井住友銀行カードローンをはじめ、三井住友VISAカード、そして消費者金融ではSMBCコンシューマーファイナンス株式会社のプロミス、モビットがあります。中でも、銀行系カードローンとして人気なのが「三井住友銀行カードローン」なのですが、銀行系カードローンは、債権保全をする際には、「保証会社が肩代わり(=求償権)」するシステ...

2014年に弁護士法人F&Sと合併した、弁護士法人・響ですが、債務整理に強い弁護士事務所の一つとして、口コミや評判も上々です。一方で、響の本当のところはどうなの??という事を確認したい場合に、体験談を確認する事は、とても有効な手段ですので、ここでは実際に手続きをされた方の体験談を元にまとめていきたいと思います。任意整理を弁護士法人響に依頼しました Eさんの体験談恥ずかしい話ですが、親にも妻にも内緒...

Docomoの発行するDCMXカードですが、電子マネーの「iD」と一体型のカードとなっていたり、Docomoユーザーなら「ドコモポイント」を貯める事が出来ます。貯めたポイントは、ドコモプレミアクラブで利用できたり、DCMX(iD)クーポンなどと交換出来たりしますし、年会費無料で作れるので、Docomoユーザーさんであれば、お持ちの方も多いかも知れません。今回、ここでは任意整理の手続きをとった体験者...

[VISAカード] ブログ村キーワードデビットカードは、とても便利なカードなので人気もあるのですが、通常のキャッシングやクレジットカードとは違って、審査基準が甘めのため、任意整理や債務整理の手続きを取った後に作る事も出来ます。ここでは、visaデビットカードを作った方の体験談をまとめてみましたので、参考にして頂ければと思います。任意整理後でも作れるvisaデビットカード Fさんの体験談任意整理を行...

新生銀行グループとして、消費者金融の中ではいち早く「無利息サービス」を始めた事でも知られるノーローン。しかも、他社には無い「なんどでも1週間無利息キャッシング」で完済月の翌月には1周間の無利息サービスが付いてくるので、便利に利用されている方も多いのですが、一方で返済ができずに任意整理をはじめとする債務整理の手続きを取った方も多いです。ここでは、ノーローンへ任意整理の手続きを取られた方の体験談をまと...

東京スター銀行と言えば、一時期消費者金融の債権をおまとめする「借り換えローン」を積極的に展開し、融資実績を伸ばしてきました。一方、東京スター銀行で返済できなくなった場合は、債務整理や任意整理の手続きは可能なのか??疑問がありましたので、調べてみました。東京スター銀行で借入をしており、その借金を返済することが難しい状況なら、弁護士や司法書士に相談をすれば任意整理をすることが出来ます。東京スター銀行の...

平成23年度の全国母子世帯調査によると、母子世帯が123万8000世帯、父子世帯が22万3000世帯という実態がわかっています。母子家庭でも、父子家庭でも、様々な支援などもありますが、これと言って何も特別な事はありませんので、任意整理の手続きを取る際にも、特別に何かあるわけでも、手続きに必要な事に変わりがあるわけでも無いという事になります。ここでは、母子家庭の債務者の方が、任意整理の手続きを取られ...

パートさんであっても、アルバイトの方であっても借金をするケースはありますし、逆に収入が少ない事で、借金を重ねた事で、返済ができなくなってしまうというケースも少なくありません。そんな時に、パートさんでも任意整理の手続きは出来るのか??という点ですが、結論から言いますと「職種などに関係なく、任意整理や債務整理の手続きは可能」という事です。今回は、パート勤務の方が、借金がふくらんだ事で返済できなくなった...

ロイズ司法書士事務所ですが、債務整理や過払い金返還請求の手続きが可能となっていますが、2015年8月現在の費用を確認すると、1件あたりの金額の提示はありません。過去にも1件あたり17,800円の金額提示があったのかも、現時点で調査したところ、不明です。現在は、相談料無料、着手金無料、減額報酬無料となっていて、和解金として37,800円、実費が1社あたり1,000円(印紙代、切手代、通信費等)となっ...

任意整理の返済期間ですが、特定調停などで使われる基準を参考にしているところがあります。多くの分割和解の場合は、3年(36回)、5年(60回)以内に返済を終えるようにするというもので、なるべく毎月の返済金額を負担に感じない程度に抑えるのがポイントです。もし、和解後に返済金額に無理があったり、返済が滞ってしまうような事があると、次は自己破産などの手続きを取らなければいけない事にもなりますので・・・任意...

任意整理の手続きを取ると、一つのデメリットとしては5年の間は、信用情報が「ブラックリスト」に入る事となります。ブラックリストというものは、実際に存在するものではなく、信用情報機関では「異動情報」と呼ばれています。この異動情報が信用情報に登録されている状態では、過去に債務整理の手続きをした事、長期の延滞情報が発生している事などが判りますので、金融機関は新規融資やカードの発行を躊躇してしまいます。その...

任意整理の手続きは、分割返済の場合でも出来る限り短い期間での返済回数という事で、3年ないし5年以内で返済期間を留めるのが通常です。しかし、例外的に借金返済が長期分割でも返済できると判断された場合は、5年以上の分割期間も認められる事があります。任意整理の場合は、あくまで債権者と債務者の間での話し合いで行われるものなので、原則はあっても、それを必ずしも遵守する必要があるわけではありません。そのため、分...

任意整理の手続きから5年を経過すると、信用情報上では、通常は「異動情報」の報告が解消されます。この異動情報ですが、任意整理の手続きを開始した時点からという事になりますので、任意整理で和解した内容を履行している間は、期間を経過していく事になりますので、きちんと履行すれば、特段問題は無いかと思います。ところが、今回体験談を出して頂いたFさんですが、任意整理の手続きを終えて10年は経つという事ですが、そ...

任意整理の手続きは、複数の消費者金融や信販会社で利用していても、1社だけ手続きを取る事も可能ですし、選択した会社だけに任意整理の手続きを取る事も出来ます。例えば、5社ある中でA社だけ手続きを取りたくない場合は、他の4社だけに手続きを取るという事も可能という事です。今回の体験者は、そのような方法で手続きを取られた方の体験談となりますので、必要に応じて参考にして頂ければと思います。1社だけを除いて任意...

任意整理は、債権者数に関係なく、1社ずつ和解を行っていきますし、複数社の一部だけを任意整理の手続きを取る事も、あまりしないですが可能な手続きです。そのため、多重債務となり6社の借入先を抱えている状態でも、債権者との話し合いで和解へと結びつける事も出来る可能性があります。ここでは、6社の借入先が合った債務者の方の体験談を頂きましたので、参考にして頂ければと思います。6社からの借金を任意整理しました。...

借金を減額する事が出来る可能性がある任意整理の手続きは、借金返済が出来ない方にとって、とても有効な手段の一つですし、自己破産や民事再生を避けたい方がとられる手続きです。任意整理のメリットとして、借金を減額する事が出来るケースがあり、多くの場合は過払い金返還請求が可能となり、現在の元金からの引き直し計算を行った結果、借金を減額する事が出来たというケースです。ここでも、同じような体験をされ、借金を30...

任意整理の手続きを取る事で、毎月の返済額を楽にする事が出来ます。毎月の返済が少しでも楽になれば、借金問題を解決するのに、大きな前進になりますし、何より借金が減る事で、自分の自信にする事も出来ます。ここでは、任意整理の手続きを取られた方(自営業)の方の体験談を頂きましたので、参考にして頂ければと思います。任意整理で月々60万円の支払いになりました私は工場を経営していたのですが、かなり借金が膨らんでし...

借金の金額に関わらず、現時点で借金返済が重荷に感じている場合、債務者の救済策として債務整理の手続きを取る事が出来ます。その中でも、任意整理の手続きは、債務者の中では一番取りやすい手続きだと思いますので、ここでは任意整理の体験談を通じて、この有効性について知って頂ければと思います。借金が70万円でも任意整理は可能です。70万円の任意整理って、必要なのかしら??確かに借金が、70万円くらいになると任意...

80万円の任意整理をした方の体験談を頂きました、ここでは体験談を元に任意整理の有効性を知っていただきたいと思います。借金トラブルを抱えて大変という場合でも、任意整理を通して借金問題を解決出来るという事を知って頂ければと思います。80万円の債務でも任意整理はした方がいいのか??債務を抱えている人の中で一番多い金額が50万円から100万円の間、という人がかなりいます。しかし、そこまでの大きな金額ではな...

90万円の借金は、一見小さいと思われるかもしれませんが、借金は借金ですし、借金の金額に大小はあまり関係ありません。借金をしていて、毎月の返済が苦しいと感じたり、借金返済が出来なくなるかも知れないと、不安を感じたりしている時点で、借金苦となっていますし、何かとトラブルを招く可能性もあります。ここでは、90万円の借金を任意整理の手続きを取られた方の体験談をまとめましたので、参考にして頂ければと思います...

任意整理の手続きを行う際に、貸金業者から「過去の取引履歴の開示」をして頂くところからはじまるのですが、まずは、開示書類を元に引き直し計算が行われます。引き直し計算では、利息制限法で取引当初から利用した場合の残高(=引き直し残高)を算出し、現在の元金がそれ以上の場合は、いわゆる「過払い金」となりますので、元金から差し引く事となります。場合によっては、現在残高よりもマイナスになる可能性もあり、そうなる...

任意整理の手続きにおいて、大事な事は「和解後にきちんと返済を続ける事が出来るか」という点で、弁護士や司法書士も、その点はかなり確認をしてきます。と言いますのも、「期限の利益」と呼ばれる、和解条項に記載される条項があるのですが、期限の利益を喪失すると、一括請求もしくは遅延損害金(遅延利息)を合わせて請求されます。こうなると、再び借金が膨らんでしまう事もあるので、無理な返済計画で無いかどうかというのは...

任意整理の手続きは、借金の金額よりも返済できるかどうかの方が重要で、和解内容をきちんと履行できるのであれば、たとえ借金が200万円残ろうが、任意整理の手続きを取るのも可能です。任意整理の手続きは、通常3年〜5年以内の返済という事になりますので、回数にして最大で60回という事になりますから、毎月3万円以上の返済が出来ない方には、任意整理の手続きが無理かもしれません。もし、ご自身で任意整理の手続きがで...

任意整理の手続きは、本人の意思が一番尊重される手続きと言っても良いかもしれません。ここでは、任意整理の手続きを250万円もの借金を抱えても手続き、返済を続ける方の体験談を用意しましたので、参考にして頂ければと思います。250万の任意整理で感じたこと Jさんの体験談日本には借金の返済に困って生活に困窮しないような制度があります。それが任意整理です。今は不景気な時代ですので生活費も借金をしながらやりく...

300万円もの借金があっても、任意整理の手続きをとっても、そのまますべての金額の返済となるかと言えば、そうゆうわけでもなく、時には元金が大幅に減るケースもあります。元金減額があるケースとして、考えられるものとしては、任意整理の手続きで、過払い金が発生したケース任意整理の交渉の中で、金融業者との和解で元金減額ができたケースという事で、いずれかになるわけですが、いずれにしても300万円近くの借金がある...

借金が多い場合、任意整理の手続きを取る事で、将来利息をカットする事につながったり、借金の減額が出来たり、時には過払い金の発生があり、払い過ぎた利息が戻ってくる事があります。ここでは、借金が350万円あった方が任意整理の手続きを取られた体験談を寄せて頂きましたので、参考に紹介したいと思います。350万の借金を任意整理で減額返済できた体験談肉体的にハードな仕事をしていたこともあり、日頃からとてもストレ...

400万円近くの借金をしてしまうと、返済が出来ないのではないか??と思うかもしれませんが、任意整理の手続きを取り、毎月きちんと返済を続ける事が出来る金額まで、返済額を減らす事が出来れば・・おそらく、そこまで難しい数字でもありませんし、借金問題を解決する事も可能と思われる金額です。ここでは、400万円近くの借金を任意整理の手続きを取り、結果的に借金完済した方の体験談をまとめてみましたので、参考にして...

500万円と聞くと、とても大きな金額ですし、それが借金ともなると諦めの気持ちになったり、このまま借金を踏み倒してしまおうか??という気持ちにもなりそうですが、それは勿体無い事です。500万円であっても、1000万円であっても、借金返済をしようという気持ちがなければ、どんな方法をとっても無理ですし、借金問題の根本的な解決には至りません。借金問題は、金銭的な解決をする事は、もちろん大切な事ですが、同時...

600万円もの借金があっても、諦めずにきちんと解決したいという想いがあれば、借金問題は必ず解決します。任意整理で手続きする事も出来ますし、時には、自己破産、民事再生といった、他の債務整理の方法で手続きする事も出来るでしょう。ここでは、任意整理の手続きについて体験談を通して、紹介していきたいと思います。600万借入で任意整理となった体験談若い時の話ですが、任意整理を経験したことがあります。若気の至り...

700万円を抱えて、再起不能だと思うのは、ちょっと待って下さい!大事な事は、借金問題を解決するために、行動する事で、そのために必要な情報を当サイトでは様々用意していますので、参考にして下さい。ここでは、700万の借金を抱えた方の体験談をまとめましたので、参考にして頂ければと思います。700万円の負債を抱えて任意整理をした体験談私は700万円の負債を抱えて、任意整理をした経験があります。過去の話では...

800万円もの借金と聞くと、なんだか絶望的な気分にもなりがちですが、自己破産や民事再生だけがすべてではありません。任意整理の手続きを経て、借金トラブルを解決まで糸口を探ろうとする事も可能ですし、まずは自分にどの方法の債務整理が合っているのか??を債務整理の体験談を通じて、まとめさせて頂ければと思います。800万円の借金で任意整理を行いました。私と主人の借金額は合計で800万円でした。これは、一般的...

任意整理の手続きは、負債(借金)の金額だけで決めるのではなく、任意整理の手続きを取る事で、その後の返済状況が改善するか否かで決める事が可能な手続きです。そのため、個人の借金問題だけでなく、法人に対する手続きでも、使われる事もあり、最近では脱毛サロンとして有名な「ミュゼプラチナム」が任意整理の手続きを取るのでは??と噂された事でも、注目された手続きです。ここでは、3000万円の借金をした方の体験談を...

消費者金融で「総量規制」と呼ばれる規制があり、年収に対して3分の1以上の借入制限が出来ないという事になっています。しかし、この規制は住宅ローンやクレジットカードのリボ残高などは含まれる事はなく、あくまで「無担保ローン」のみという事になりますので、住宅ローンを抱える方でも融資を受ける事は出来ます。そのため、住宅ローンなどのバランスを考えずに、借金をしてしまうと、あとで後悔する事になりかねませんので、...

任意整理の手続きは、和解を終えてからが本番と言っても過言では無いのですが、任意整理の手続きは和解すると毎月の返済額や総額を決める事になります。その時に、多くの債権者との間で和解できるケースでは、「3年を目処に和解」するケースが多いです。ここでは、3年を目処に返済計画を立てて、任意整理を無事に終了させいた方の体験談をまとめてみましたので、参考にして頂ければと思います。3年後の返済をめどに任意整理をし...

任意整理の手続きにはメリットもあれば、デメリットもつきもので、任意整理の手続きを完了後、信用情報には5年程度は「異動情報」が報告されます。ここでは、任意整理と異動情報の関係、任意整理の体験談を元に新しい借入との関連性についてもまとめていきたいと思います。任意整理5年後までは新たな借入は出来ません。「ブラックリスト」という言葉を聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか。しかし、金融業界に限...

任意整理は、債務者の意向だけでなく、債権者の意向も汲み取って考える必要があります。債権者としては、任意整理の手続きによって将来利息のカットがされてしまうため、出来る限りに「元金の早期回収」をしたいところです。そのため、特定調停の時に使われる分割返済期間として、5年以内という目安があり、こちらを参考にして5年以内に返済を終えるように計画を立てるのが、通常の考えになります。ここでは、5年計画で返済を進...

債務整理の手続きを取ると、一定期間はローンやキャッシングの審査を受けても、審査に通らない事があります。これは、任意整理の手続きでも同じなのですが、ここでは任意整理の手続きを取られてから7年以上経過した方の体験談をまとめてみましたので、参考にして頂ければと思います。任意整理をしてから7年後にローンが組めるの??どうしても急にお金が必要になったので、消費者金融のカードローンに申込みお金を借りました。最...

任意整理の手続きを取ると、一定期間はデメリットも出てきますが、それ以上の経過をする事で、デメリットも解消されて元通りになります。ここでは、8年経過した方の体験談を通して、任意整理の有効性について、知っていただきたいと思います。任意整理をして8年が過ぎた方の体験談任意整理をして8年が過ぎました。任意整理をしてから、落ち込む日々が続きましたがやっと自分らしくなってきました。それくらいとても大きな出来事...

20代前半でも、債務整理(任意整理)の手続きを取る事は、難しい事ではありませんし、むしろ若くして借金問題を抱えたまま、踏み倒すなどをするよりも、正しい選択だと思います。これからの人生、結婚、出産、マイホームの購入など、様々なライフイベントを迎える際に、それぞれ大きな費用がかかりますので、その時にローンを組んだり、お金を借りるというケースも多い事でしょう。その時に、きちんと債務整理(任意整理)を手続...

任意整理の手続きは、通常は特定調停の返済回数を参考にするため、5年以内(60回)が目安になるのですが、例外的に債務者の意向を汲んでくれれば、60回以上の返済回数も可能なケースがあります。多重債務状態で、自己破産も避けられないほど返済能力が著しく低下しているケースも、中にはあると思いますし、任意整理であれば最低でも元金は戻ってくる可能性がありますので・・・債権者の中にも、妥協をして和解をするというケ...