任意整理 司法書士 140万円

[司法書士相談] ブログ村キーワード

 

任意整理の相談を弁護士にするか、司法書士にするか、いずれにするかを考える際の一つの線引きとして「140万円という金額」は、重要な指標になります。

 

ここでは、司法書士へ相談、受任をする際に気をつけたい140万円の持つ意味について考えていきたいと思います。

 

 

そもそも、法律行為のすべてを扱えるのは、弁護士のみだった過去から

 

法律行為に関わる士業と言えば、弁護士、司法書士、行政書士、税理士、弁理士などが思い出されますが、債務整理に関する事では、弁護士と司法書士が関係してきます。

 

弁護士と司法書士の違いについては、司法書士が特定の法律で定められた分野の法律行為のみしか扱えないのに対し、弁護士はすべて取り扱う事が可能です。

 

 

ここで140万円とも関係してくる点なのですが、「特定の法律で定められた分野」という点ですが、司法書士の中でもさらに法務省の一定の検収や考査を受ける事で「認定司法書士」となる事で、「簡易訴訟代理等関係業務」が扱えます。

 

そのため、債務整理で交渉したり、和解したり、訴訟代理するためには、認定司法書士である必要があり、さらに140万円以下の案件については、交渉、和解、訴訟代理権を持つ事が認められる事になりました。

 

ただし、今まで書いてきた通り、140万円を超える案件については、交渉、和解(和解書の作成も)、訴訟の代理人となる事もできないです。

 

 

また、140万円という金額と関連があるのですが、取り扱い裁判所が「簡易裁判所」での案件に限られます。

 

そのため、自己破産、民事再生、控訴審などには、認定司法書士といえども対応が出来ませんので、弁護士へ相談する方が良いという事が言えるかなと思います。

任意整理 司法書士 評判

140万円という金額が持つ意味は、「簡易訴訟代理等関係業務」との関連を含めて、ここまで紹介してきました。

 

しかし、実際の実務面では、本人の訴訟支援業務という名目だったり、書類作成代行の業務という名目で司法書士が140万円を超えるケースでも、貸金業者と交渉するケースもあるようで、成功報酬などを得ているケースもあるみたいですが・・・

 

 

この方法は、非弁行為とみなされるケースもあるみたいで、本人からしても不利益を被る可能性があります。

 

 

よって、何も知らなかったでは済まされないですし、司法書士が処分されるのも、何だか気分的にも良くないでしょうし、書類だけ作って、あとは交渉や和解して下さいでは不安も多いでしょうから・・・

 

最初から、高額な案件については弁護士へ任せるのが良いかと個人的には思います。

 

 

費用的にも、確かに弁護士の方が若干高いところはありますが、大きな相違がありませんし、何しろ最近では相談料無料や、費用の分割、後払いにも対応する事務所も増えていますので・・・

 

そのあたりの評判、口コミは、当サイトの体験談などを通じて、確認も頂ければと思います。

 

 

任意整理にオススメな事務所ランキング

※債務整理、任意整理は事務所の特徴を把握し、実力のあるところで手続きするようにしましょう!